インフルエンザ予防接種 お酒を前日に飲んでもOK?当日の飲酒はNG?

公開日:   更新日:2017/09/21

インフルエンザ 予防接種 お酒
 インフルエンザの予防接種を控えているのに、前日に飲みのお誘いが…
 予防接種前のお酒は大丈夫なのでしょうか?また、当日の飲酒、次の日の飲酒はどうでしょうか?あなたの疑問にお答えします。
 また、アルコールによる予防接種の副作用についてもご説明します。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種 お酒を前日に飲んでも大丈夫?

 インフルエンザの予防接種について、ガイドラインにはこんな記載があります。

「予防接種後の激しい運動や大量の飲酒は避けましょう」

 つまり、注射を打ったはお酒はたくさん飲んじゃダメってことですよね。じゃあ、予防接種をする前は、お酒を飲んでもよいのでしょうか?

 結論、インフルエンザの予防接種を受ける前日については、お酒を飲んではいけないという正式な注意はありません。これは一安心!予防接種の前日でも、安心してお酒を楽しむことができますね。

 ただ、1つ注意をしてもらいたいことがあります。
 予防接種は、身体の中にウイルスへの抗体を作るなど一時的に身体に負担がかかっています。そのため、できるだけ健康な状態で受けるのが望ましいです。
 いくら禁止されていなからといって、飲み過ぎて二日酔いになるなど体調不良を起こさないよう、前日の飲酒はほどほどにしておくことをおすすめします。

 

インフルエンザの予防接種 当日の飲酒は許されない?

 さて、前日はOKでも、当日の飲酒についてはしっかりとガイドラインへ記載があるので注意してください。

「激しい運動や大量の飲酒は避けましょう」

 このニュアンスは、なかなか微妙ですよね。要は「飲酒は絶対ダメではないけど、少量にしてね」ということなんです。

 では、なぜ大量はダメで、少量ならOKなのか?

 そもそも、アルコールを摂取することで、予防接種の効果が無くなるということはありません。当日の大量飲酒が禁止されている理由は、大きく以下の2点です。

  • 血液の循環が普段以上に活発になる
  • 肝臓に負担をかけ、免疫力が低下する
 これらによって、体調の変化が引き起こされ、予防接種の副作用が出る可能性が高くなるからなんです。

 通常、インフルエンザの予防接種後24時間は、大量の飲酒は控えてください。また、量については個人差がありますが、目安としては一杯程度と思っておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の副作用 アルコール摂取で起こるのは?

 では、実際アルコールによって起こる副作用とはどんなものなのでしょうか?

  • 注射した箇所の腫れ、赤み、痛み
  • 発熱、寒気
  • 頭痛
  • 全身のだるさ、倦怠感
  • まれに発疹

 一般的に、これらの副作用が発症する確率は全体の10~20%といわれています。ただ、大量のアルコール摂取後は、その確率が上がると思ってくださいね。万が一副作用が出た場合には、その症状が治るまでお酒を飲まないことをおすすめします。

 なお、目に見える注射箇所の副作用については「これ、大丈夫?」と不安になる人も多いですが、体内できちんと抗体ができているサインでもあります。2~3日後には落ち着いてくることがほとんどですので、しばらく様子を見てみましょう。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?
インフルエンザの予防接種に関するお酒の知識は理解できましたか?

前日は、二日酔いなどにならない程度に。
当日は、1杯程度に。
お酒のせいで、腕が痛いなんて嫌ですから、予防接種の前後は飲酒をほどほどにしておきましょう。

 ちなみにインフルエンザの予防には、予防接種以外にも日頃の予防対策が重要です。こちらの記事も参考に、普段からインフルエンザにかからない体づくりをしておきましょう。
>>>インフルエンザの感染を防ぐ7つの習慣~できることから始めよう~

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑