お中元はいつ送るのが正解?時期は関西と関東で違う?【保存版】

0316
お中元・お歳暮のようなイベントは、
いつが正しい時期なのか分かりづらいですよね。

いつからいつまでに贈るのが正しいんでしょうか?

せっかくの贈り物なのに、
時期を外してしまったために台無しになるのはもったいないです!

日頃お世話になっている相手に喜んでいただけるように、
最低限のマナーを知って感謝の気持ちとともに届けましょう。

記事では、具体的なお中元を贈る時期や、
関西と関東の地域差などを詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

お中元はいつ送るのが正解?

お中元は「お盆の挨拶」として、
日頃の感謝と、贈った物で暑い夏を乗り切って下さい、
という意味を込めて贈られます。

そして、お中元は
7月初旬から10日の間に到着するよう贈るのがよいでしょう。

 

もともとお中元は、
中国古来の祭り事である1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、12月15日の「下元」の三元の内、7月の「中元」が、
日本古来の習わしと、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)とが重なり
「お中元」の贈り物が盛んに行われるようになりました。

しかし、この習わしは贈る地域によって差があります。
次の章で詳しく説明します。

 

お中元の時期 関西と関東の違い

今は、全国的に7月初旬に贈るのが一般的になっています。

しかし、人によっては風習などに厳しいお家柄もあると思います。
そのような方は、贈る相手がどこに住んでいるか、で判断するといいでしょう。

 

◆関東へお中元を贈る

関東では、7月13日~15日に盆の行事を行います。

そのため、7月1日から7月10日頃にお中元を贈りましょう。

 

◆関東以外へお中元を贈る

関西をはじめとした関東以外の地域では、
8月13日~15日に盆の行事を行います。

そのため、7月初旬から8月初旬にお中元を贈りましょう。

 

◆6月のお中元?

年々、お中元の時期が早くなってきていると言われています。

これは、デパートの中元商戦が関係しています。

スポンサードリンク

ボーナス時期の関係で、中元商戦は7月頃にピークを迎えます。

デパートとしては、この繁忙期をずらすためと、
早期の売上確保のために、5月末~6月くらいから
お中元の注文を受け付けるようになりました。

これを誤解して、
6月にお中元を贈る人が出てきてしまっていますが、
6月のお中元はNGです。

さすがに早過ぎるので、
注文したとしても、到着を7月初旬になるよう配達指定をお願いしましょう。

 

◆8月のお中元は遅い?

また、時期が早くなっている関係もあって、
今どき、8月になってお中元を持っていく人はいません。

地域差があると書きましたが、
本当に厳密にやっているところだけの話です。
一般的には7月初旬に贈る、という理解でいいでしょう。

 

お中元はいつからいつまでに届けばいいの?

お中元は7月1日から7月10日頃に届けばいい。

この理由を理解していただいたと思いますが、
ついつい贈るのを忘れてしまっていた!
という時がありませんか?

 

◆7月初旬に贈れなかった場合

7月初旬というのはベストな時期であって、
もし遅れてしまった場合には、

少なくとも7月中に贈ってください。

8月に入ってしまうと’遅い’と受け取られかねないですが、
7月中であれば、大きな問題ではないでしょう。

 

◆7月中に贈れなかった場合

8月に入ってしまった場合は、
遅くなってすみません、と一言添えて贈りましょう。

もしくは、お中元を贈るのは諦めたほうがいいかもしれません。

その代わり、
暑中見舞いとして、物や手紙を贈りましょう。
暑中見舞いは、8月初旬からお盆までの時期を指します。

 

◆お盆までに贈れなかった場合

お盆の頃、つまり立秋のころを過ぎると、
残暑見舞いとして、物や手紙を贈りましょう。

これに間に合えば、夏のイベントはギリギリセーフですね。

 

まとめ

お中元を贈る時期には幅がありますが、
一番よいのは7月初旬でしたね!

意味や由来も分かれば、
より適切な時期に贈ることができます。

お中元の意味をしっかりと理解して、
失礼のない時期に贈りましょう。

感謝の気持ちを伝えることも大切です。

贈るときのマナーについて気になる方は、
ぜひこちらの記事も確認してください。
⇒お中元の時期とマナーまとめ 結婚後初めて!どこまで贈ればいいの?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑