シーズラボの背中ニキビ対策エステを取材してきました!

公開日: 

1207_ciz001

先日、ドクターシーラボグループのエステサロン「シーズ・ラボ」で、『背中ニキビ・シミコース』のデモンストレーションが開催されました!実際の施術を、モデルさんに施しながらいろいろとお話しを伺ってきましたよ♪ここでしか聞けない豆情報も聞いてきたので、背中ニキビのエステを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク
背中ニキビしみコース

シーズ・ラボ 恵比寿店

1207_ciz002

今回、デモンストレーションが行われたのは、シーズ・ラボ本社もある恵比寿本店です。恵比寿駅からは徒歩8分程度のところにあり、恵比寿プライムスクエアプラザという中に店舗があります。

1207_ciz003

なお、横にある高層ビルの中にドクターシーラボの本社もあるようです。

1207_ciz004

受け付けは明るく綺麗です。今日は、さっそく施術内容を見せていただけるということで、個室へ案内されました。中では、準備を終えたモデルさんがスタンバイしてくれていました。

 

コース全体の流れ

①クレンジング&洗顔
②ピーリング
③イオン導入
④海藻パック

 

クレンジング&洗顔

1207_ciz005

まずは、施術を行う背中全体のお肌へクレンジングをします。
コットンを使って背中の拭き取りをし、スチーマーで温めながらクレンジングミルクを塗ります。
その後、スポンジでクレンジングミルクを拭き取ります。

1207_ciz006

次に、洗顔と同じように背中を洗います。
ふわふわに泡立て、背中を包み込むように優しく洗い上げます。この洗顔料の中にも、実は3種類のピーリング剤が含まれています。その後、クレンジングと同様、スポンジで拭き取ります。

1207_ciz007

最後に、スプレーで水を吹きかけながらしっかりと洗い流します。

【質問】なぜスプレーでも洗い流しを行うのですか?

シーズラボでは、医師の監修のもと、結果を出すためのピーリングを行っています。ピーリング剤は、お肌の古い角質を除去してくれますが、お肌に残ったままでは皮膚を傷つけてしまう可能性があります。そのため、ピーリング剤を含んだものを使用した場合には、スプレーを使うなどして、洗い流しを丁寧に行っています。

 

ピーリング①AHAピーリング

背中ニキビコースでは、2種類のピーリングを行うダブルピーリングを行います。

1207_ciz008

1つ目は、ピーリング剤を背中に塗って、しばらくしてから拭き取る「AHA(フルーツ酸)ピーリング」です。

AHAピーリングは、お客様のお肌の状態に合わせて完全オーダーメイドです。
・10種類以上のピーリング剤
・酸の濃度
・浸透時間
これらを、ニキビの状態や毛穴の開き、シミ・ニキビ跡の状態などから総合的に調整していきます。また、施術中も浸透の様子を見ながら調整します。

1207_ciz009

今回は、モデルさんの背中に特に目立ったトラブルがないため、乳酸菌が含まれたピーリング剤を使用します。比較的マイルドな酸で、保湿がされ、美白効果が期待できるものです。透明な液体であるピーリング剤を、背中全体にブラシで丁寧に塗っていきます。

ピーリング剤が浸透してくると、少しピリピリしたり、むずがゆいと感じることもあります。これは、ピーリング剤が浸透したときに起こる正しい反応なので、特に心配ありません。また、ホルモンバランスなどの影響で、日によって感覚が変わることもあります。耐えられないほど痛く感じることはありませんが、様子を見ながら行っていきます。

1207_ciz010

ピーリング剤を背中全体に塗ったら、ラップで覆って、しばらく置きます。

1207_ciz011

その後、スプレーを使って丁寧に拭き取ります。

【豆情報】
洗い残しや気になるところがないか、都度、声をかけて確認してくれるので安心!


スポンサードリンク
背中ニキビしみコース

ピーリング②クリスタルピーリング

1207_ciz012

2つ目は、クリスタルピーリングを行います。
クリスタルピーリングは、クリスタルの粒子を皮膚に吹きかけ、古い角質を取り除く方法です。この方法は、酸など薬品の浸透がないため、アトピー肌や敏感肌の人でも行うことができます。

1207_ciz013

こちらがクリスタルピーリングの機材。
端子の先端から、クリスタルの粒子が吹き出ているそうです。
実際、私も肌に当てさせてもらいました。粒子が当たってけっこう痛いのかな~と思いましたが、なんとなくチクチクする程度で、痛いという感じではありませんでした。
(ちなみに、フェイシャルへのピーリングだと、皮膚が薄いためチクチクする感じが強くなるそうです)

1207_ciz014

粒子を吹きかけた後は、うっすら肌がピンクになっています。

1207_ciz015

全体に粒子を吹きかけた後は、ブラシで粒子をはらい、最後に湿らせたコットンでふきとります。

モデルさん「ちょっとピリピリしましたが、我慢できないほどではないです。コットンで拭かれたときも、特にヒリヒリ感はありませんでした」
とのことでした。

【豆情報】
背中の特に真ん中(背骨あたり)は、皮脂腺も多く、ざらつきやすい箇所です。薬剤によるピーリング(AHAピーリング)後は、角質が柔らかくなっているため、古い角質が剥がれやすく、凹凸は削りやすくなっています。そのため、ダブルピーリングでクリスタルピーリングを行うと、より効果が期待できます。
【豆情報】
クリスタルピーリングを行わない場合があります
人によって、AHAピーリングによって2種類の薬剤を使用するほうが効果があると判断する場合があります。その場合には、クリスタルピーリングではなく、AHAピーリングを2回行うことになります。
この場合、2回目の薬剤(2剤)は、最初の薬剤(1剤)をより浸透させるようなかたちです。1剤と2剤を合わせて浸透させ、最後に拭き取りを行います。
その後、肌の様子を見ながら、AHA+AHAを継続したり、途中でAHA+クリスタルピーリングにしたり、と経過に合わせて変更していくこともあります。

 

イオン導入

ピーリングの後は、イオン導入を行います。今回は、ビタミンCによるイオン導入です。

1207_ciz016

背中全体にガーゼをかぶせ、その上から浸透させるビタミンCを塗っていきます。

1207_ciz017

塗り終わったら、ガーゼの端に機材の端子をつなぎます。手にも機材の端子をにぎってもらいます。人によっては手に持っている端子から少しピリッとする場合がありますが、基本的には、電流を感じることはありません。

1207_ciz018

このままで放っておいても浸透してくれますが、さらにローラーをかけてアクションを起こすことで、皮膚の奥まで浸透させていきます。

ローラーを全体にかけおわったら、もう一度ビタミンCを塗って、再びローラーをかけます。最後に、もう一度ビタミンCを塗って、ラップをかけて少しそのままにします。大体7分ほど浸透させます。

【豆情報】イオン導入終了の時点で、お肌が明るく変化!(クリックで画像拡大)

1207_ciz019

写真だと分かりづらいかもしれませんが、ピーリング&イオン導入を行った背中部分のお肌が明るくなっていました。白く透明感が出た、と言ったほうがいいでしょうか。施術を行った部分(画像の線より上)と行っていない部分で、肌の明るさが変化しているのが確認できました。こんなすぐにお肌に影響があるなんて!と驚きです。

 

海藻パック

最後に、海藻パックを行います。お肌の鎮静と保湿の効果があります。緑の粉に水分を含ませることで、クリーム状に。

1207_ciz020

1207_ciz021

背中全体へまんべんなく丁寧に塗っていきます。

1207_ciz022

そして、しばらく時間を置きます。

1207_ciz023

その後、パックをはがしていきます。パックが固まって、ペロンとめくれる感じです。剥がれ残しがないようにスポンジで拭き取ります。

1207_ciz024

保湿クリームを塗って、おしまいです。この保湿クリームは、顔にも使えるボディクリームです。

1207_ciz025

 

さいごに

1207_ciz026

今回、デモンストレーションを見せていただいて感じたことは、とても丁寧だなぁということです。ひとつひとつエステティシャンの方が声掛けをしてくれるので、何かあればすぐに言うことができる雰囲気がありました。
また、今回のモデルさんは、特に背中に大きなトラブルを抱えていませんでしたが、施術が終わるころには背中の明るさが見違えるほど明るくなっているのには驚きました。もともと綺麗な背中の方だったので、施術をしても何も変わらないんだろうなと思っていたんです。これは、実際ニキビに悩んでいる人にも効果がありそう!ととても思いました。

お客さんの多くは、皮膚科でダメだった、長い間背中ニキビに悩んでいる、という人ばかりだそうです。背中ニキビに悩んでいる方には、ぜひシーズラボの背中ニキビ・シミコースをおすすめしたいですね。

スポンサードリンク
背中ニキビしみコース

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑