ベビーカーでの紫外線対策!おすすめグッズや日焼け止めの選び方など

公開日: 

赤ちゃん 紫外線対策 ベビーカー

赤ちゃんとのちょっとしたお散歩や毎日の買い物、天気のいい日のお出かけで気になるのは、なんといっても紫外線です。紫外線は体内でビタミンDを生成する働きがありメリットもありますが、赤ちゃんの頃から紫外線を浴びすぎると免疫力の低下や皮膚がんの原因にもなる事が分かってきています。

そこで、記事ではお出かけに役立つ、ベビーカーで上手に紫外線対策をする方法や、おすすめのグッズ、ベビーカーで日焼け止めを塗るほうがいいのか、についてご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策 ベビーカーではどうする?

ほとんどのベビーカーにはサンシェードが付いているので、赤ちゃんの顔周りは紫外線を遮ることができますよね。しかし、サンシェードだけではどうしてもカバーしきれない手や足の部分には対策が必要です。

一番簡単な方法は、UVカットのブランケットを掛けてあげることです。手足を活発に動かしてブランケットを蹴っ飛ばしてしまう元気な赤ちゃんには、手や足など日に当たってしまう部分だけ日焼け止めを塗ってあげましょう。

また、一日の中で最も紫外線が強いとされるのが午前10時から午後2時と言われていますので、お散歩の時間を少しずらしてあげたり、日陰を選んで歩いたりするなど工夫してみましょう。

赤ちゃんがベビーカーに乗るときの日焼け止めクリームについて

赤ちゃんの皮膚は大人に比べて薄く、とてもデリケートです。肌への影響を考えると、日焼け止めクリームは使用しないに越したことはありませんが、紫外線量の多い時間帯に外出する場合には、紫外線による悪影響を防ぐ為、日焼け止めを使用して紫外線対策をしてあげたほうがいいでしょう。

日常のお散歩程度であれば、お肌への負担が少ないSPF10~30程度、PA値が+~++のもので十分です。最近は、「ベビー用」と表示のある日焼け止めもたくさん売られていますが、初めて日焼け止めを使用する際は必ずパッチテストを行って、赤ちゃんの肌に合うかどうかを確認して下さい。

また、日焼け止めが肌に残ったままになるのも赤ちゃんのお肌の負担になりますので、石鹸で簡単に落とせるものがおすすめです。日焼け止めを使用した日の夜には、お風呂でしっかり洗って落としてあげましょう。

紫外線散乱剤と吸収剤のお話

日焼け止めクリームには、主成分が紫外線散乱剤のものと紫外線吸収剤のものがあります。紫外線散乱剤は皮膚の表面で紫外線を跳ね返し、紫外線が肌にあたるのを防ぐもの、紫外線吸収剤は皮膚の表面で紫外線を吸収し、科学的にエネルギーに変えて放出し、紫外線の肌の内部への侵入を防ぐものです。

SPF値の高い日焼け止めには紫外線吸収剤が使われるものが多いですが、有機化合物である為刺激を感じる事があるなど、肌への負担が大きくなります。ですので、デリケートな赤ちゃんの肌には、紫外線散乱剤が主成分のものを選んであげましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんがベビーカーで使えるおすすめ紫外線対策グッズ

日よけ虫除けベビーカーカバー


ベビーカー用 日よけ虫よけネット[サンコー]
紫外線が気になる季節にもう一つ心配なのが虫刺されですよね。こちらのベビーカー用ネットは紫外線防止にも、虫除けにもなる一石二鳥のベビーカーカバーです。これで日焼けも虫刺されも一気に防止できちゃいます!

UVカットケープ


メッシュの接触冷感だから肌にふれるとひんやり気持ちい〜☆しかもUVカットで日焼け対策も♪日よけ&紫外線対策に(マルチクリップ2本付き)【日本製】 ベビーカーUVカット
ベビーカーではブランケットに、抱っこひもの時にも手足の日よけに使えて便利です。

ベビーカー照り返し防止シート


夏のお出かけに!★体感温度-3℃&UVカット★huguenot(ユグノー)シャダンシート
ベビーカーの背面に取り付けて、地面からくる熱と紫外線から赤ちゃんを守ってくれます。ベビーカーは地面との距離が近いので、大人が思っている以上に暑くなっていることもあるので気をつけたいですね。

さいごに

いかがでしたか?
首がすわって赤ちゃんとのお散歩が楽しくなってくる時期、しっかり紫外線対策をしてお出かけを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑