タトゥーを結婚式で隠す方法3選!綺麗に消すには?

公開日:   更新日:2017/09/11

タトゥー 結婚式 隠す

結婚が決まって式場選びも希望通りで順調なのに、ため息ばかり。というのも、彼や私の両親はタトゥーのことを理解してくれているけど、彼の両親や親戚、会社の人の手前やっぱり隠しておきたいと思っているあなた。

タトゥーが隠れる露出の少ないウエディングドレスもありますが、できれば自分が気に入ったドレスで結婚式がしたいですよね?そんなあなたに、タトゥーを結婚式で隠す方法を厳選してご紹介します。素肌に近いかたちでタトゥーを消すことができる方法ばかりです。

スポンサードリンク

タトゥーを結婚式で隠す方法3選

  • (1)手軽なボディファンデーション
  • (2)失敗しないボディシール
  • (3)ボディメイクのプロ

タトゥーを結婚式で隠す方法1~ファンデーション~

1つ目のタトゥーを隠す方法は、ファンデーションを使う方法です。インターネットなどで手軽に購入できるため、一番試しやすい方法です。使用するのは普通のファンデーションではなく、カバーメイク専用のものやボディファンデーションをチョイスしていきましょう。

ファンデーションは、価格が手頃なところがよいのですが、自分の肌との色あわせが難しい点がありますので、必ず事前に試すことが必要です。

場所によっては自分でメイクすることも可能ですが、当日はなにかと忙しいものです。式場のヘアメイクさんにお任せすると、フォローも含め安心ですね。

なお、ドレスを汚してしまう可能性があることから、ボディファンデーションの使用は断られる場合があります。式場のメイクさんへの依頼と共に、打ち合わせで前もって相談しておくと安心です。

ファンデーションのメリット・デメリット
価格が手頃
セルフメイクではしっかり隠せるか不安が残る
式場によっては使用を断られることがある

タトゥーを結婚式で隠す方法2~ボディシール~

2つ目は、お手軽に隠すことのできるボディシールです。シールなのでお肌に貼るだけととっても簡単で、誰でも失敗なくタトゥーを隠すことができます。色ムラもないため、カバーもしっかりしてくれます。

シールの色味と隠すことのできる大きさはある程度決められてしまいますので、お試しをとりよせてカバーできるか確認すると安心です。

また、どうしてもボディシールと肌の色が合わない場合には、シールの上からファンデーションを馴染ませることでより目立たなくなるでしょう。

なお、ボディシールの場合、関節など動きの大きな部位はどうしても浮き上がりなど目立つ確率が高くなります。そのため、タトゥーがあまり大きくなく、動きの少ない箇所を隠す場合に向いています。

ボディシールのメリット・デメリット
誰でも失敗せずタトゥーを隠せる
カバーできる大きさに限界がある

スポンサードリンク

タトゥーを結婚式で隠す方法3~ボディメイク~

3つ目の方法は、ボディメイク専門業者に依頼する方法です。これまでの方法とくらべ、プロによる専門的な方法ですので、多少料金はかかってしまいます。

しかし、肌色も自然な感じに調整でき、色落ちなどせずにしっかりとカバーしてくれますので、至近距離でゲストと接する場合でも安心できる方法です。とはいえ、ボディメイクの技術の差が大きいので、事前のセリングなどしっかりと受け、あなたにあった信頼できる方に頼むことをお勧めします。

ボディメイクのメリット・デメリット
プロによる技術でしっかりカバーできる
料金が高い
信頼できる業者を探す必要がある

さいごに

タトゥー 結婚式 隠す
結婚式や披露宴というのは、自分が気に入ったウエディングドレスを身にまとい、まさに花嫁が主役のパーティーです。タトゥーが気になる方は、一時的とはいえ、しっかりと隠すことができる方法を探して、不安なく当日を迎えたいですよね。

素肌に近い状態でタトゥーを隠す方法は、上記でご紹介した方法に限られてきます。どれがあなたの好みに合うか、お肌の状態に合うか、しっかりと事前に試しておきましょう。あなたの結婚式にあった方法で、思い出に残る素敵な一日にしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑