結婚式では肩を隠す?参列者の肩出しNGの理由と服装のポイント

結婚式 肩 隠す

結婚式や披露宴にお呼ばれされたら、かわいいパーティードレスを着ておしゃれをするのも楽しみの一つですよね。でも、そのおしゃれにもいくつかマナーがあるのを知っていますか?

例えば、ノースリーブのドレス。1枚で華やかになれるアイテムですが、結婚式や披露宴では肩を出すスタイルがマナー違反となっています。

ここでは、どうして肩出しがいけないのか、どんなスタイルが結婚式にはふさわしいのか、ゲストの服装のマナーをご紹介していきます。

スポンサードリンク

結婚式では肩を隠す?肩出しはNG?

結婚式や披露宴では、ノースリーブのパーティードレスを着るという人は多いでしょう。デパートなどでもノースリーブのドレスはデザインも豊富に揃っています。

しかし、結婚式のようなあらたまった席での肩を出したスタイルは、一般的にマナー違反とされています。

結婚式には、友人だけでなく親族や会社の上司など年配のゲストがいる場合も多いので、その場に適した服装で参加したいものです。

結婚式で肩出しがNGの理由~参列者の服装のマナー~

そもそも、肩を出したスタイルがいけない理由とは何なのでしょうか。

スポンサードリンク

これは、結婚式を教会で執り行う場合、肌の露出を控えなければならない、というところに由来しています。ここから、神社やゲストハウスなどどのような場所で行う場合も、ゲストは肩を出さない服装で参加するのがマナーとなっています。

肌の露出を控えるという意味で、素足やつま先の開いたサンダルやミュールなども避けるべきでしょう。

結婚式で大丈夫なノースリーブドレスの着こなし方

結婚式でノースリーブドレスを着るなら、ボレロやショール、ジャケットなどを羽織ればきちんとしたスタイルになります。

パーティードレスや羽織りものを選ぶ時は、以下の注意点を参考にしてみてくださいね。

・白いドレスはNG
白は花嫁さんだけの色です。薄い色味のものも写真では白く写ってしまうことがあるので注意が必要です。

・ファーのもの、皮製品はNG
ファーや皮製品は殺生をイメージさせるため、結婚式ではマナー違反とされています。ファーボレロなどは要注意です。

・全身真っ黒はNG
黒は着まわしやすく選びがちですが、ドレスから羽織りものまで全てを黒にしてしまうと、不祝儀をイメージさせてしまうので避けましょう。

さいごに

いかがでしたか?

結婚式や披露宴では、あらたまったシーンならではの様々な服装のマナーがあります。

そのままでは着られないノースリーブドレスも、上に何を合わせるかによって何通りものスタイルを楽しむことが出来ます。

ぜひマナーを知って、その場にあったおしゃれを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑