子供の誕生日なのにケーキ嫌い!代わりのアイディア♪ロウソクOK!

子供 誕生日 ケーキ 嫌い
誕生日は特別な日だからこそ、ケーキを用意して「ハッピーバースデー」の歌とともに、ろうそくを吹き消してお祝いしてあげたいですよね。

主役の子供からは、ケーキが嫌いだから「今年は誕生日ケーキはいらない」と言われ、どうしたらよいか悩んでいませんか?

そんな悩めるママさんのために、子供の誕生日なのにケーキ嫌い!代わりのアイディア♪ロウソクOK!といった誕生日を楽しむあれこれを紹介します。

スポンサードリンク

子供の誕生日 ケーキ嫌いでも喜んでくれるものは?

お菓子やチョコレートといった甘いもは好きだけど、生クリームの甘さがちょっと苦手で、いちごだけ食べておしまいってことになってませんか?

生クリームやスポンジが苦手という場合は、ケーキの種類を変えてみましょう。

ケーキ嫌いでも喜んでくれるケーキは、チーズケーキやフルーツがたっぷりのったタルトやアイスケーキなどがあります。ほかの誕生日ケーキと同じように「誕生日おめでとう」と書かれたメッセージプレートやローソクも用意できますので、バースデーパーティーを華やかに演出できますね!

ケーキ嫌いの代わりになってロウソクを立てられるものは?

甘いものが苦手だけど、誕生日だからロウソクの火を吹き消したいと言われてしまったあなた・・・困っていませんか?

スポンサードリンク

そんなときは、バースデーケーキの代わりを手作りして、誕生日を盛り上げましょう。

子どもたちの大好きなピザ4を~5枚重ねれば食べ応えのあるピザケーキに、ちらし寿司をベースにお刺身やいくらでトッピングしたお寿司ケーキなど、大人も食べ盛りの子供たちも大満足するメニューです。もちろん、ケーキのようにローソクを立てたお祝いもできますよ。

このほかにも、大好きないちごや季節のフルーツ盛り付けたフルーツプレートはどうでしょうか?もちろんロウソクOKで、かわいくて豪華な祝いになるでしょう。

ケーキがなくても誕生日を特別な日にする方法

ケーキがなくても誕生日を特別な日にする方法は、ずばり「サプライズ感」の演出です。

誕生日といえばケーキでお祝いと言いたいところですが、主役がケーキが嫌いなら必ずしもケーキを用意する必要もありません。

こどもの好きな誕生日の定番メニューをベースに、バースデーケーキにも負けないサプライズ感を演出しましょう!

王冠やティアラ、バースデーグラスなどのパーティーグッズを使用したり、バナー、ガーランド、バルーンといった空間の飾り付けも大喜びする演出です。

さらに、子どもの好きな色をテーマカラーにすれば、さらに「自分だけの特別感」をプラスすることができて、いつもとは全く違った雰囲気に大喜びでしょう。

さいごに

いかがでしたか?子供の誕生日なのにケーキ嫌い!代わりのアイディア♪ロウソクOK!な誕生日を楽しむアイディアを紹介しました。

主役の好みに合わせた、ケーキやサプライズで笑顔でいっぱいのお誕生のお祝いをしてみませんか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑