ドライブレコーダーのデメリットと注意点とは?購入前にチェック!

ドライブレコーダー デメリット
もとは業務用の事故の証拠用として開発されたドライブレコーダーですが、最近の事故や危険運転の重要な証拠になるため大きな注目を集めています。

そこで、ドライブレコーダーの注意点と、購入前にチェックしたいポイントを紹介します。

スポンサードリンク

ドライブレコーダーのデメリットとは?

その映像のインパクトの大きさからドライブレコーダーのメリットばかりが報道されていますが、もちろんデメリットもあります。

まず、ドライブレコーダーの設置により、視界が遮られます。後方への取り付けの際には、大きさや設置位置にも十分な確認が必要です。

また、車外の様子や車内の会話、もちろん独り言も許可なくすべて録画します。このため、撮影自体プライバシー侵害では?という議論が交わされているのも事実です。

さらに、海外メーカーや製造年が古い製品は、発光ダイオード(LED)を使った新しいタイプの信号を正しく録画できないものがあります。日本国内メーカーの製品に関しては、このLED信号の対策が進んでいますが、全てではありません。前方用のドライブレコーダーには必須機能なため、LED信号対策の確認が大切です。

スポンサードリンク

ドライブレコーダーを買う時の注意点

安さだけを求めると十分な機能を果たせず、肝心なときに証拠として使えないことも。そこで、ドライブレコーダーを買う時の注意点を紹介します。

〇高画質
画素数や解像度といったスペック(数値)からは、実際の録画範囲や画像の良し悪しはわかりません。日中だけでなく、夜間の撮影状態、ナンバーが読み取れるかなど、実際の映像での確認が重要です。

〇上書き禁止モード
事故が起きたとき、証拠データの保護する上書き禁止モードが必須です。実際の事故現場では、自分で録画を止めるほど余裕はありません。

このほかにも、衛星利用測位システム(GPS)機能を使った自動時刻補正の機能や、LED信号対応の有無もしっかり確認しましょう。駐車監視機能や、走行補助機能などは必要に応じて選ぶとよいでしょう。

また録画の性能には関係ありませんが、モニターなどの操作性が良いことも重要です。各種設定をはじめ、事故現場での状況確認などがあります。その操作性も商品選びとしての注意すべきポイントです。

ドライブレコーダーはやっぱり必要?

デメリットはあるものの、ドライブレコーダーの必要性は高く、近い将来ドライブレコーダーの設置は一般的になっていくでしょう。

今後は、前方だけではなく後方へのドライブレコーダーの設置が一気に進むことが予想されます。しかし、後方用のドライブレコーダーは、フロント用に比べるとその種類も少なく、選択肢が限られているのが現在の状況です。

だからこそ、しっかりとメリット・デメリットを踏まえ、目的にあった価格と性能のバランスが取れた機種を選びましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑