隅田川花火大会 第一会場と第二会場の違いは?場所とおすすめポイント

0330
日本一の花火大会『隅田川花火大会』!

毎年95万人以上の人が集まる大人気イベントです。

調べてみると第一会場と第二会場がありますが、
どっちが花火を見るのにおすすめな場所なのでしょう?

また、2つの会場に違いはあるのでしょうか?

夕方に行っても座って花火を見れるのはどっちの会場?

二つの会場について、
おすすめスポット、最寄り駅、開始時間、打ち上げ数など
気になるポイントをご紹介します!

スポンサードリンク

隅田川花火大会の第一会場と第二会場の違い

当日は、2万発の花火が打ち上げられるのですが、
会場によって打ち上げ回数が違うことはご存知ですか?

花火観覧の公式会場とされているのが、
隅田川沿いの

第1会場

第2会場

です。

 

隅田川の花火大会では、
その規模から打ち上げ場所が2箇所あります。
第1会場と第2会場は、それぞれの打ち上げ場所の周辺を言います。

どちらも、ものすごい迫力で花火が見えます。

それぞれの会場の違いとしては、

・開始時間
・花火の打ち上げ数
・最寄り駅
・混雑状況

あたりでしょうか。

上記の違いを
当日の様子も含めて、次章で詳しく紹介していきます。

 

隅田川花火大会 第一会場の場所と雰囲気

まずは第一会場について!

隅田川花火大会 第一会場

開始時間:19:05~20:30

花火の打ち上げ数:9,500発(コンクール花火含む)

最寄り駅:東武スカイツリーライン東武浅草駅、銀座線浅草駅

人気スポット:隅田公園、吾妻橋

↓クリックして拡大

daiichikaijou

とにかく大迫力で花火を楽しむなら第一会場がオススメ!
早い時間から場所取りできるなら、
第一会場が絶対いいです♪

9,500発と第二会場に少し劣りますが、
開始時間がこちらのほうが早いので、長い時間楽しめます。

スポンサードリンク

また、コンクールの花火を打ち上げるのは第一会場だけです。
花火師が丹精込めて作った創作花火は必見です。

場所取りは、当日の13時までにするべし。

第一会場とだけあって、
当日は人だらけになります。

屋台もたくさん出ていますが、
買い物やトイレもままならないという混雑スポット。

場所取りした所も、
ずっと陣取っていないと
マナーの悪い人に場所を奪われます。

遅い時間に行って橋で見ようとしても、
警察の歩行者への交通規制が入って、
ずっと歩かされる羽目になります。

 

隅田川花火大会 第二会場のおすすめポイント

隅田川花火大会 第二会場

開始時間:19:30~20:30

花火の打ち上げ数:10,500発

最寄り駅:都営浅草線浅草駅・蔵前駅、都営大江戸線蔵前駅

人気スポット:江戸通り・春日通り

↓クリックして拡大

dainikaijou

上記に最寄り駅を書きましたが、
両国駅や吾妻橋駅からも向かうことができます。

夕方に行っても、第一会場よりは混雑さがマシです。

18時以降に周辺道路が交通規制されるのですが、
江戸通り・春日通りが歩行者天国になるため、
この時間からシートを敷くことができます。

そのため、夕方に行っても
座って花火を見ることができる会場です♪

通りの方だと、ビルの陰で見えない場所もありますが、
少し移動すれば大丈夫です。

こちらも露店がたくさん出ているのに加え、
コンビニも多くあります。
買い物やトイレはこちらの会場が便利です。

ちなみに、
打ち上げ場所すぐの厩橋交差点近くにあるセブン-イレブンは、
コンビニなのに大声を張り上げて店頭売りをしています。

つい注目してしまうと思いますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

早い時間から場所取りができるなら第一会場がおすすめ。

夕方に行って、座って花火を楽しみたいなら第二会場がおすすめです!

隅田川の花火大会は、
日本一の花火大会として本当に見応えがあります。

最後に、隅田川花火大会の様子を動画でご紹介。

ぜひ楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑