卒業旅行でヨーロッパへ行く場合の現金はいくら持っていく?

0415c
大学生活もあとちょっと!

海外での卒業旅行は楽しみですね♪

一方で、盗難やスリ、紛失など
色々なリスクが付きまとう海外旅行・・・

一番心配なお金は、
いくら持っていけばよいのでしょうか?

私自身の実体験から、
10日前後のヨーロッパへの卒業旅行で、必要な現金を説明します!

ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

卒業旅行でヨーロッパへ行くなら現金はいくら必要?

海外は色々と物騒なので、
あまりたくさん現金は持って行きたくないですよね。

できればちょうど使い切るぐらいの現金を持って行きたいものですが、
いくら使うか想像がつかないのが海外旅行・・・

おすすめとしては、
10万円程度持っていくのがいいかと思います。

10万円の前提としては・・・

  • 卒業旅行の期間が10日間ぐらい。
  • (飛行機での移動時間があるので、実質は8日間の旅行)

  • ホテルなどの宿泊費や、飛行機・列車などの大型移動の交通費は含まない。
  • 数万円かかるアクティビティーなどの費用も含まない

として、

現地での食費や観光代、お小遣いだけでのケースです。

 

◆一番多くかかるのは、食費。

すでにツアー料金に含まれていたり
買ってきてホテルの部屋で食べて節約する場合でなければ、
基本的には外食になるでしょうし、
お酒も飲むと思います。

また、ヨーロッパは少し物価が高いですから、
一日の食費を4~5千円と見積もっておくといいでしょう。

食費:5千円×8日間=40,000円

 

◆意外とかかる観光費用

ヨーロッパに行かれるなら、
美術館や協会など入場料がかかる場所へたくさん行くと思います。

一回300円~1500円程度ですが、
8日間という期間の時間をめいっぱい使って過ごすなら、
意外とかかってきます。

これらの費用は、
観光ブックなどを頼りに見積もれると思いますので、
概算でもかまいませんから、一度計算しておくことをおすすめします。

行く場所にもよりますが、

観光費用:25,000円

くらいは見積もっておきましょう。

 

◆残りはお土産代

あとはお土産代です。

人によっては、ここの金額で10万円より低い金額でもいいかもしれません。

特に大きな買い物をするわけではないと思っていても、各名所を巡っていると、それぞれの場所で記念になるものが欲しくなるものです。
ほとんど自分へのお土産代になると思いますね。

もちろん、友達や家族へのお土産も買うと思うので、
少し余裕を持って現金を持っていくことをおすすめします。

お土産代:35,000円

 

私は、女性4人でヨーロッパへ卒業旅行に行きました。
みんなそんなに買い物をするほうではなかったですが、
細かいお土産が段々増えていって、
大体10万円前後を使っていました。

あくまで目安にはなりますが、
ぜひ参考にしてください。

 

卒業旅行で海外へ行く場合クレジットカードは便利?

海外では、クレジットカードが便利です。

現金を持たなくていいですし、
いざという時に、現地マネーに換金せず支払いをすることができます。

旅行先で、急に欲しいものが出てきたときのためにも、1枚は持っていくことをおすすめします。

クレジットカードの種類ですが、
VISA・Master・American Expressは大体どこでも使えます。

日本人の感覚と差があるのは
「JCB」カードです。

海外では、JCBカードは使えない所が多いです。

スポンサードリンク

成田空港でクーポン券等がもらえる特典があったりと
良いカードなのですが、
使い勝手を考えると、違うカードがいいでしょう。

クレジットカードを使う場面としては、
現地のレストランの支払い
買い物です。

観光地の入場料や、
ちょっとしたファーストフード店、
お土産やさんなどでは使えないこともあるので、
卒業旅行では使用する場面が限られてくるかもしれません。

特に、卒業旅行での夕食の場合、
大抵はみんなで割り勘しますよね?

カード払いだと、
みんなから現金をもらうことになり、
あとあと使い切れなかった!なんてことも。

1枚持っていくことをオススメしますが、
出来る限り、手持ちの現金を消費するといいでしょう。

 

海外旅行でキャッシュパスポートって便利なの?

卒業旅行を旅行会社へ申し込んだりすると、
キャッシュパスポートへの申し込みを勧められたりしませんでしたか?

海外旅行といえば、一番怖いのはスリの被害…
できればあまりお金は持ち歩きたくないところです。
とはいえ、いくら使うか分からず、現地でお金がなくなった!なんてトラブルは避けたいですよね。
そこで最近注目を集めているのが、この「キャッシュパスポート」です。

キャッシュパスポートの特徴には、以下のようなポイントがあります。

  • 電子マネーのようにカードに日本円でお金を入れておくと、旅行先のATMのどこでもお金をおろすことができる →海外なのに、いつでも現地通貨が引き出せて便利!
  • チャージ金が不足しても、日本の銀行のネットバンキングからすぐに入金ができる
  • 発行手数料無料
  • 盗難・スリに備えて、予備カードを発行してもらえる

 

これらのポイントをふまえて、初めての海外旅行には大変心強いアイテムです!
個人的には、申し込んでおくことをおすすめします。
キャッシュパスポートがあれば、クレジットカードを持って行かなくてもいいと思います。
>>>キャッシュパスポートの申し込みはこちらから出来ます

 

また、ヨーロッパであれば、市内の至るところにATMがあるので、本当に手軽です。
実際、私も海外のATMを使ったことがありますが、日本のATMと同じ感覚でお金を引き出せます。
画面に表示される言語も、大抵のATMには「英語表記」がついているので、大学生くらいの方なら勘で操作できますので心配いりません。

持っていくお金関係は、10万円の現地マネーと、
クレジットカード1枚もしくはキャッシュパスポート2枚、
日本での交通費程度、
の3つがベストでしょう。

スポンサードリンク
キャッシュパスポート

 

◆トラベラーズチェックは廃止・・・

2014年3月に廃止されたトラベラーズチェック。
スリの危険が高い海外で現金を持たなくてよいことから、旅行会社などから勧められたものでした。
しかし、廃止されたということは、あまり浸透していなかったんでしょうね…
私も、トラベラーズチェックの購入は反対です。
意外と使える場所が限られますし、使い慣れていないので支払いに手間取ったりと意外と不便でしたから…

まとめ

いかがだったでしょうか?

現地に持っていくお金は10万円!

これを目安に、
自分の卒業旅行にちょうどよい金額を見積もってみてください。

なお、すでにご存知だと思いますが
海外旅行にはキャッシュカードや免許証など紛失すると面倒なものは持っていかないことです。

財布の中身も、必要最低限にしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑