公務員面接がクールビズ!女性の正しい服装は?スーツじゃダメ?

公開日:   更新日:2015/02/27

公務員 面接 クールビズ 女
ここ数年、夏場の公務員試験や面接では
クールビズが指定されるようになりました。

男性はノージャケット・ノーネクタイといいますが、
女性の場合はどうしたらよいのでしょうか?

就活における、女性の正しいクールビズって何?
そんな疑問にお応えします。

スポンサードリンク

公務員面接がクールビズで女の場合はどうするのが正解?

就職活動における試験や面接には、スーツで参加するのが通常ですが、
夏場においては「クールビズでお越しください」という指示がある場合があります。

この指示への対応ですが、
公務員への就職活動なのか、民間企業への就職活動なのか
対応が分かれますので注意してください。

民間企業の場合は、採用担当者から学生への【配慮】であることが多いので、
いつもどおりリクルートスーツで挑んでも問題はありません。

しかし、公務員の場合は別です。

公務員は、国の政策を推進するという意味で、
クールビズに対しては「推奨」ではなく「徹底」されています。

そのため、「クールビズでお越しください」とあった場合には、
たとえ就職活動であったとしても、
協調性の無いやつと思われないよう、
必ずクールビズの服装をしていきましょう。

これは、男性・女性に関係なく共通です。
では、具体的にどのような服装で試験に挑めばよいか確認しましょう。

クールビズの女性の服装とは?

女性の場合で、就職活動にふさわしいクールビズの服装は下記のポイントを押さえましょう。

  • 白ブラウス
  • スーツのスカートかズボン(色は黒)
  • ベージュのタイツ
  • 黒のパンプス

普段の就職活動をするスーツの格好から、
ジャケットをとったような服装になるかと思います。

<白ブラウス>

ブラウスは透けてしまう薄手のものは避けましょう。
面接官によっては、不快に思われる場合があります。

スポンサードリンク

とはいえ、白のブラウスは多少透けるような生地のものが多いです。

そのため、キャミソールや肌着を必ず着用してください。
ブラジャーの上に直接ブラウスを着るのはやめてください。

念のため、キャミソールや肌着の色は白・ベージュ・淡い色を選びましょう。

<長袖・半袖>

袖の長さは、どちらでも問題ありません。
長袖を着る場合には腕まくりなどはせず、袖口のボタンをしっかり留めましょう

暑くて腕まくりをする習慣がある人は、
袖がしわしわになってしまうので、半袖を選んだほうがよいと思います。

<スカート・ズボン>

スカートとズボンはどちらでもかまいませんが、
女性らしさを印象づけたい方は、スカートを選びましょう。

<その他>
一般的な女性のクールビズというと、
オフィスカジュアルであったり、明るい色のカットソーやスカート、
足元はサンダルやミュールということもあります。

しかし、これは就職活動中のクールビズにはあてはまりませんので、
気をつけてください。

クールビズと言われたけど女でもスーツはダメ?

ここまでご説明しても、
「面接だし、やっぱりスーツがいいんじゃないか?」
と思われる方がいます。

そういう方にオススメしているのは、
ジャケットを持参していくことです。

こうすれば、ジャケットを羽織ればスーツ姿になれますので、
万が一「やっぱりジャケットを着たい!」という時にも安心です。

また、移動中の電車の冷房対策にもなります。

女性の中には、汗を隠すためにジャケットがあったほうがよい、
という人もいますよね。

多少なら問題無いのですが、
汗っかきの方で、脇汗や背中の汗が目立ち、
相手が不快感を感じてしまいそう・・・と思われる場合。

嫌な姿をさらけだす必要はありませんので、
そういう場合はジャケットを着用していきましょう。

まとめ

女性のクールビズの服装には色々ありますが、
就職活動、特に公務員試験には白ブラウスにスーツのスカートがベストです!

無理にスーツを着て行って、
協調性がないやつと思われないようにしましょう。

あなたの就職活動の成功を応援しています!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑