車を運転する時の日焼け対策は?グッズは?営業外回り必見!

公開日: 

04242
夏場の外回り。
女性の営業マンは、日焼け対策が肝心です!

記事では、
車の運転で、顔や腕の右側ばかり焼けてしまう人や、
日焼け止めを塗っているのにすぐ黒くなってしまう営業の方に

車を運転する時の日焼け対策は?
運転するときに使える日焼けグッズは?
営業の外回りで気をつけたいことは?

など、お困りの女性営業マン必見!な日焼け対策をご紹介します。

スポンサードリンク

車を運転する時の日焼け対策は?

日焼け止めを塗っているけど、夏は焼けてしまう…

もしくは、

移動は車だけだから、運転中だけ日焼け対策したい…
顔や腕の右側ばかり焼けてしまう…

など、女性営業マンのお悩みは尽きません。

そこで、日焼け止めを塗る以外で、
運転中にできる日焼け対策をご紹介します。

 

◆サングラスorUVカット眼鏡

しっかり日焼け止めを塗っているのに、黒く日に焼けてしまう…

その理由は、

”目”から紫外線を取り入れてしまっているからなんです!

車内などの目に直接日が当たらない状況でも、
目は、紫外線を感じるだけで、
目だけではない体の他の部分に
メラニンを生成する指令(=黒くなる)を出します。

だから、肌にしっかり日焼け止めを塗っていても、
体を服で覆っていても
その指令がでると肌は黒くなるということです。

営業中だとサングラスはしにくいと、という方は、
紫外線・UVカットのダテ眼鏡で、
メラニン生成の指令をストップさせましょう!

 

◆アームカバー(長手袋)

もはや運転中の紫外線対策として定番になったアームカバーの着用。

やはり、肌に直接日光を当てない、紫外線を浴びせないのが一番の日焼け対策です。

しかし、紫外線というのは布の隙間をぬって肌へと到達してきます。
肌には日焼け止めを塗って、その上からアームカバーをするのが一番効果的です。

特に、車で体の右側だけ太陽を浴びる場合には、していないよりは絶対的に効果があります。

 

◆ストール

直射日光を防ぐ手段2つめ。

アームカバーは、運転中は着けていても問題ありませんが、
営業で車を頻繁に乗り降りする人には、
付けたり外したりでちょっと面倒だと思います。

UVカット加工のされたストールなら、
運転席に座って羽織るだけなので、着ける手間はありません。

車から降りるときも、
そのまま運転席に置いておくだけです。

 

◆長袖

営業の方には、
UVカットの薄手のカーディガンを普段から着用することをおすすめしています。

暑いため、ジャケットの下は半袖やノースリーブという人が多いと思いますが、
ふとしたタイミングでジャケットを脱いだときに、
肌は紫外線を取り入れています。

ジャケットの下にカーディガンを羽織っておけば、UVカットはばっちりです。

夏場は長袖を着るクセをつけてしまうと、暑さもそれほど苦しくなりません。

 

◆耳まで焼かない!顔カバー

こんなグッズも売られていますので、
運転中に完全装備をしたい方にはおすすめ…かも。

 

以上紹介した方法は、どれも手軽なグッズで出来る日焼け・紫外線対策です!
次は、ちょっと本格的な日焼け対策グッズをご紹介します。

スポンサードリンク

 

車の日焼け対策グッズ~UVカットフィルムっていいの?~

車での日焼けは、窓から紫外線を取り入れてしまうからよくないんです。

だったら、窓をUVカットにしてしまいましょう!

現在は、ガラスに貼って紫外線を吸収する透明のフィルムが市販されています。

思ったより簡単に貼り付けられると評判です。
施行液をたっぷり付けるのがポイント!
欲しい分だけオーダーできるのもありがたいですよ。

効果は絶大で、
アマゾンの購入レビューなどを見て頂いても
焼けなくなったという声が多いです。

UVカット加工が標準装備されている車もあるくらいです。

この透明フィルム、思ったよりも簡単に貼ることができます。
ただ、自分でも貼れなくはないですが、
業者に頼んだ方がシワもなくきれいに貼ってもらえます。
貼る範囲も広くて大変ですしね。

なお、運転席・助手席・フロントは
フィルムが色付きだと車検に通らず整備不良扱いになります。
可視光透過率70%以上じゃないとダメ、という規制があるためです。

色無しの透明のものを選びましょう。

なお、他の窓は色付きのものでも大丈夫です。

 

営業の外回りで気をつけたい日焼け対策

他にも、女性営業マンにはぜひしてほしい日焼け対策をご紹介します。

◆ビタミンCを摂る

日焼けは、紫外線による肌へのダメージです。

そのダメージを内側から軽減するために、
肌を元気にさせる”ビタミンC”のサプリメントを摂ってみてください。

私の友達は、
日焼け止めを塗っても黒くなっちゃうタイプなんですが、
サプリメントを摂りはじめてからは、日焼けが気にならなくなったそうです。

ビタミンCは”E”と一緒に摂ることで効果が上がります。
どちらも美肌を作るサプリですから、なるべく一緒にどうぞ♪

また、サプリメントでなくても、
コンビニで飲み物を買うときに
ビタミンC系の飲料を選ぶようにするだけでも効果的です。

 

◆日焼け止めを塗るタイミング

日焼け止めは、朝一回しか塗ってない、なんてことはないですよね?

営業マンのように、外回りで暑い場所にいる時間が多い人は、
知らない間に肌の表面に皮脂が出てきています。

この皮脂や汗により、日焼け止めは徐々に効果が薄くなってきます。
これは、どんなにSPFが強い日焼け止めでも同じです。

一番良いのは2時間おきに塗ることですが、
そこまで小まめに塗るのは難しいですよね…

まずは、
朝、昼、午後3~4時頃の3回
塗るのを心掛けてみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

仕事だから仕方がないものの、
女性だったらやっぱり日焼けはしたくない!

でも、忙しい営業マンだからこそ
日焼け対策に多くの時間はかけられない!

車を運転する際の日焼け対策などは
ご紹介した方法を参考に、
グッズの購入も検討してみてください。

今年の夏も絶対焼かない!
働く女性を応援しています!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 匿名 より:

    現在、ほとんどの車がUV カットガラスになっていまして、99.9%カットしてくれます!事故防止のために手袋などしないで運転しましょー!

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます♪

      UVカットガラスが標準装備されている車なら日焼け対策も安心ですね!
      手袋での運転が不安な方は、手のひら部分を覆わないアームカバーがおすすめです♪

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑