ココナッツオイルの選び方3つのポイント!効能は?ダイエットには?食べ方は?

公開日: 

ココナッツオイル
『ダイエットにいいらしい』とブームに火が付いたココナッツオイル!

ダイエット効果だけじゃなく、
その豊富な栄養・効能から美容・健康を大切にする女性に大注目されています。

記事では、
話題のココナッツオイルの選び方をご紹介!
3つのポイントを抑えれば問題ナシ♪

他にも、ココナッツオイルに詰まっている効果効能や、簡単な食べ方もご紹介しちゃいます♪

どのココナッツオイルがいいのかな~?とお悩みの女性にぜひ読んでもらいたいです。

スポンサードリンク

ココナッツオイルの選び方 ダイエットには?

ココナッツオイルブームとともに、
日本で販売されるココナッツオイルの種類もぐんっと増えました!

いざ試してみたいけど、
何を基準に選んだらいいのでしょう?

ダイエットや美容目的なら、
選ぶポイントはたったの3つ!

1.オーガニック認証マークがついているもの

2.中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)+ラウリン酸を40~70%含んでいるもの

3.栄養の損失が少ない低温圧搾(あっさく)で、無精製・無漂白のもの

それぞれ詳しく解説します。

1.オーガニック認証マークがついているもの
オーガニックコスメとは、化学合成成分ゼロの素肌に優しいコスメのこと。
敏感肌の方や赤ちゃんの肌にも安心して使えるものが多いのが特徴です。

ヨーロッパを中心に、世界各国でオーガニックブームが起きており、
”本物のオーガニック”では無いものも含め、世の中にオーガニック製品が氾濫するようになりました。
そこで、各国が基準を定め、正式に認められたものだけが「オーガニック認証」を受けられるようになっています。

マークの種類はいくつかありますので、購入の際にはチェックしましょう!

2.中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)+ラウリン酸を40~70%含んでいるもの
ココナッツオイルは食用であることから、その栄養素表示が義務付けられています。

中鎖脂肪酸は、体に脂肪が付きにくいという特徴があるため、ダイエット効果を期待する人にはマストな栄養素です。
ラウリン酸は、母乳にも含まれているとされる成分で、主に免疫力を高める効果があります。

それぞれの栄養素については、次章で効能について書いていますので、そちらでもご紹介します。

3.栄養の損失が少ない低温圧搾(あっさく)で、無精製・無漂白のもの
これは、ココナッツオイルの製造工程に関わるものです。

より天然で栄養価の高いココナッツオイルを見極めるポイントになります。

 

この3つを満たしているものは、
ほとんどが”エキストラバージン ココナッツオイル”と呼ばれます。
難しい表記が分からない場合は、商品名も参考にしてください。

 

ココナッツオイルの効能 ダイエットだけじゃく美容・美肌にも?

ココナッツオイルには、キレイの素がたくさん詰まっています!

主に期待できる5つの効能をご紹介します。

 

1.ダイエット効果

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸を多く含んでいます。
これにより、消化吸収率が高く、すぐに燃焼してエネルギーとして使われるため、
体内に蓄積されにくいのが特徴です。

また、基礎代謝を上げて、体脂肪の低下を助ける働きもあります。

適度にとり続けることで、腸内環境を整え、便秘を解消する効果もあるんですよ。

 

2.アンチエイジング効果

ココナッツオイルは、抗酸化作用のあるビタミンEがたっぷりで『食べる美容液』とも言われます。

また、多く含まれる中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に分解され、
脳のエネルギー源になります。
ケトン体には、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、優れたアンチエイジング効果が期待できます。

 

3.免疫力アップ

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、抗菌・抗ウイルス作用のあるラウリン酸を多く含み、免疫力をサポートします。

虫歯や風邪・感染症などの予防にもなりますし、
細菌から肌を守るため、ニキビなどの予防にもひと役買ってくれるんです。

 

4.疲労回復

代謝を促し、すぐに脳やカラダのエネルギーになる働きがあるココナッツオイル。

スポンサードリンク

摂取し続けることで、疲れにくい体をつくってくれます。

疲労から回復しやすくなる効果もあるので、日々忙しくも充実した毎日を過ごしたい欲張りな方にはぴったりです♪

 

5.美髪・美肌

女性ホルモンのバランスを整え、女性の元気とキレイをサポートしてくれる嬉しい効果があります。
肌や髪に直接塗ると、高い保湿効果でしっとりツヤツヤの状態をキープしてくれます。

ベタつかずさらっとなじむので、日々のお手入れに使えちゃいます。
また、マッサージの際のクリーム代わりやパックなどにも利用できる優れものです。

 

ココナッツオイルの食べ方おすすめ!これなら簡単♪

05072

そもそもココナッツオイルというのは、
タイやフィリピンなど東南アジアやアメリカでは有名なものです。
香りやよく、味もおいしくて、しかもヘルシー♪

ココナッツの殻の内側にある固形胚乳という白い実の部分から抽出したオイルで、
ココナッツが自生する南国では古くから健康で美しいカラダを保つのに活用されてきました。

しかし、日本にはまだまだ馴染みがないため、
どのように摂取すればよいのか分からない人も多いんじゃないでしょうか?

今回は、簡単に手軽にココナッツオイルを摂取できる食べ方をご紹介します。

 

1.そのまま食べる

瓶から出したまま…というのは抵抗がある人も多いと思います。

クリームのような形状なので、
バター代わりに焼いたパンへ乗せて食べるのがおすすめです。

ココナッツのまろやかな風味が楽しめます。

 

2.飲み物に混ぜる

コーヒーや味噌汁、スープに、スプーン一杯のココナッツオイルを♪

本来の味を邪魔せず、ほんのりココナッツの香りを感じることができます。

 

3.溶かしてお料理に

熱を加えるとトロッと溶け出すココナッツオイル。

液状にして、少量を加えればお料理に合う調味料に早変わり!

蒸し野菜がおすすめですが、炒めもの、揚げ物などなど活用できますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
ココナッツオイルの選び方は分かりましたか?

選び方は分かったけど、
やっぱりどれを買えばいいか迷ってしまう方に、
最後に私がオススメするココナッツオイルを紹介しておきます。
どれも、日本でオーガニック認証を取得しています。

ブラウンシュガーファースト 有機 エキストラ ヴァージン ココナッツ オイル 425g

高品質なココナッツオイルを日本中に広めた話題の一品♪
香りが弱いので、ココナッツオイル初心者さんにおすすめです。

 

有機エクストラヴァージンココナッツオイル(ココフィナ)

イギリスの権威ある食品分野の賞「グレート・テイスト・アワード」を受賞。
ナッツのような香ばしさが特徴で、ココナッツオイル上級者から高く支持されています。

 

夏の紫外線対策や、冬の乾燥対策など、
年中通して活躍してくれる万能なココナッツオイル!
貴方もこの機会にぜひ試してみてください♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑