自転車通勤の女性の日焼け対策特集!日焼け止めは?夏の対策は?

公開日: 

自転車通勤 日焼け対策
自転車通勤の女性にとって、夏の毎日の日焼け対策は肝心です!
自転車通勤の場合、どんな日焼け対策が効果的なんでしょうか?

記事では、
夏におすすめの日焼け防止グッズや紫外線対策をご紹介します!

また、日焼け止めはどんなものを使えばいいのか?どこまで塗るのか?
夏に役立つアイテムとは?どんな点に注意すればよいのか?

美白をキープするためにも、シミを作らないためにも、朝の10分~20分と油断せず、自転車通勤の女性はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

自転車通勤の女性はどんな日焼け対策をしてるの?

真夏の自転車通勤。片手運転になってしまうため日傘を差すことが
できず、直射日光や紫外線をなるべく防ぎたい女性は多いです。

日焼け止めは塗っているけど、他にできることはないのか?
朝の10分~20分なので、日焼け止めを塗るのはめんどう…

色んな方がいると思いますが、
夏の自転車通勤では、どんな日焼け対策があるのでしょうか?
おすすめのグッズやアイテム、夏の服装などをご紹介します!

 

UVカット 長袖の上着・ボレロ

日焼けをしないためには、肌を露出しないことが一番の対策です。
日焼けしたくない部分はなるべく隠すように、長袖を着用しましょう。
特に、UVカット素材のものなら、紫外線対策もばっちりできます。

自転車通勤では、毎朝移動方向が同じで、姿勢なども一定のため、常に同じ場所が強力に紫外線を浴びています。海水浴など動きながら体全体に紫外線をあびる場合より、部分的に集中して浴びるためお肌へのダメージが強力です。特に腕などは、いつもハンドルを握っているため、腕の表と裏のコントラストは海水浴の比ではありません。

自転車をこぐのに、長袖着用は暑い!という方は、ボレロなど肌への密着度が低いものをおすすめします。

 

手袋

自転車通勤では、いつもハンドルを握っているため、手は一番日焼けしやすい場所です。手の甲が黒いのは大変残念ですので、手袋やアームカバーなどで、日焼け対策をしましょう。

 

サングラス・UVカットメガネ

しっかり日焼け止めを塗っているのに、肌が黒くなっている気がする…
その理由は

”目”から紫外線を取り入れているからかもしれません!

目は、紫外線を感じるだけで、目だけではない体の他の部分にメラニンを生成する指令(=肌を黒くする)を出してしまいます。

自転車通勤の人は、外で紫外線を感じる時間が十分にあるので、しっかり対策をして、メラニン生成をストップさせましょう!

通勤時のサングラスはちょっと…という人には、最近はUVカットのメガネがおすすめです。価格もお手頃なので、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

帽子、サンバイザー

顔に日よけを作るなら、ツバの広い帽子やサンバイザーしかありません。

ただ、帽子は欠点もあります。
風で浮き上がってとばされそうになったり、髪型がぺったんこになってしまったりするんです。

絶対日焼けしたくない!という方にはマストアイテムですが、自分に合っているかどうか検討して取り入れてみてください。

 

スカーフ・ネッククーラー

意外と防御しにくいのが”首まわり”です。
顔は美白なのに、首が黒くてアンバランスになってしまった…なんてことにならないように、首まわりの露出も隠しましょう。

ネックウォーマーやネックカバーのように、すっぽり隠してくれるグッズもありますが、見た目がダサいのが難点です…
見た目を気にするなら、スカーフなんかはおしゃれですね。

すっぽり隠すことはできませんが「ネッククーラー」なんかは、肌を隠せる上に、ひんやりして暑さ対策もできるのでおすすめです。
吸湿速乾素材なら、汗対策にもなりますね♪

 

自転車通勤の日焼け止め選び おすすめは?

色んなグッズやアイテムで日焼け対策をするのも効果がありますが、やっぱり一番重要なのは”日焼け止め”を塗ることです。

ここでは、自転車通勤の人が知っておきたい、おすすめの日焼け止めと注意すべき点をご紹介します。

 

日焼け止めの種類は?

SPFは35以上
PAは+++以上

これが、自転車通勤で日焼け止めを選ぶときのポイントです!
1時間以内のお出かけには、SPF35程度で問題ありません。

スポンサードリンク

ちなみに、このSPFという値、日焼けを予防できる時間を表す数字と誤解している人がいますが、そうではありません。

紫外線が当たりだしてから日焼けするまでというのは、人によって個人差があります。大体、10分~20分程度といわれていますが、それを何倍遅らせることができるか?を表しているのがSPFです。

つまり、日焼けに10分かかるAさんが、SPF30の日焼け止めを塗った場合、

10分×SPF30=300分=5時間

Aさんは5時間、日焼けを防止することができます。

 

日焼け止めはどこまで塗る?

気になる”顔”に塗るのはもちろんですが、他にも見落としていませんか?自転車通勤では、下記の場所の日焼けにも注意しましょう。

上半身:首・デコルテ・手と腕
下半身:足首・足の甲

特にデコルテ・首周りと足の甲が塗り忘れる人が多いです。
夏の靴は足の甲部分の空きが大きいものを履くことが多いので、塗り忘れるとしっかり靴の形で赤くなります。サンダルなら、なおさらです。

よく忘れる首の後ろもしっかりカバーしましょう。

 

飲む日焼け止めって知ってる?


朝の忙しい時間。毎日の日焼け止め対策って、本当に大変ですよね。
日焼け止めを塗るだけでも、めんどくさくなってしまいますが、塗らないと黒くなっちゃうし…
そんな女性に今、人気なのが「飲む日焼け止め」です。

体の中から紫外線をブロックしてくれるサプリメントで、ビタミンC・E・Dなどの栄養素を含み、皮膚科学会でも有効性が認められています。

主成分のシダ植物に関しては、昔からアトピー性皮膚炎や白斑の患者さんに使用されていたもので、副作用などはもちろんありません。

忙しい朝に、飲むだけのサプリメントは楽チンですよ~

たくさんの種類が販売されていますが、中でもおすすめは「noUV(ノーブ)」という種類です。
飲む日焼け止めは、そのほとんどが海外製なのですが、「noUV(ノーブ)」は、美容外科クリニック「東京イセアクリニック」がアジア人向けに監修した日本製サプリメントです。もちろん、日焼け止め効果も抜群です。

>【商品詳細はこちら】”飲む”紫外線対策サプリnoUV(ノーブ)

 

自転車通勤の人必見 気になる夏対策☆

他にも、自転車通勤の人に知っておいて欲しい夏対策をこちらでご紹介します。

 

自転車通勤はルート選択が大事!

最短の道を走りがちな自転車通勤ですが、ちょっと遠回りになっても、日陰を通る道選びをしてみてください。紫外線対策には影響大です!

 

乾燥肌は日焼けしやすい!?

実は、乾燥しているとお肌は日に焼けやすいんです。(厳密にいうと、乾燥している状態=ダメージを受けやすい状態、ということです)
暑い季節、汗をたくさんかいた肌は水分不足の状態になっています。手足などに美白化粧水をつけて、日焼けしにくい肌を作りましょう。

 

すでに手遅れ?サプリメントケア

真夏の7~9月に注目されがちな紫外線対策ですが、実は、紫外線量が年間で一番多いのは”5月”なんです!!!

さらに、肌が冬場の紫外線が少なかった状態になれている時期なので、急激な紫外線増加でダメージが大きくなるといわれています。

つまり、気にした頃にはすでに手遅れかも…
紫外線対策に出遅れてしまった人は、今からでも遅くありません!ビタミン剤など、日焼けの回復が望めそうなサプリメントを摂取して、肌ケアを徹底しましょう。

日焼けケアの栄養素については、こちらも参考にしてください。
>日焼けを回復させる栄養素とは?ケアできるおすすめサプリメントは?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

自転車通勤の日焼け対策には

・露出を減らす
・日焼け止めをしっかり塗る

ことを基本として、丁寧にケアしていきましょう。

今年の夏も、美白をキープして、シミもしっかり予防しておくのが
女性としてのエチケットです♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑