飛行機への持ち込みでコンタクトは大丈夫?保存液は?国際線の場合は?

公開日:   更新日:2017/09/06

03043
飛行機への持ち込み検査で、
ピーってなってほしくない!
止められたくない!
と思う方は多いのかなぁと思います。

特に、アメリカでのテロ事件以降、飛行機内への持ち込み物の制限が厳しくなり、液体などは非常に判断に困るようになりました。
そこで、今回はコンタクトレンズ使用者を対象に、
飛行機への持ち込みについてOK?NG?をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

 

飛行機への持ち込みでコンタクトは大丈夫?

飛行機の中はとても乾燥しますし、
睡眠をとることもあります。

コンタクトレンズを着用している人にとっては、
替えのコンタクトを機内へ持ち込めるか、
コンタクトを外して保存しておくことができるか、
ってとっても重要ですよね。

まずはじめに、
飛行機へコンタクトを持ち込むことは問題ありません。

これは、国内線でも国際線でも同様です。

キャリーバッグなどに入れて預けなくても、
手荷物として持ち込むことも問題ありません。

保存ケースに入れている場合や、
ワンデータイプで液体と共に封入されていても問題ありません。

これらの理由は、
持ち込まれる液体の量が少ないためです。

また、医療品扱いとされていますが、
「コンタクトレンズ」が持ち物検査で問題になることなど
まず、ありません。

安心して、機内に持ち込んでください。

ただ、保存液・洗浄液を持ち込む場合には注意が必要ですので、
次の章をよく確認してください。

 

飛行機へコンタクトと一緒に保存液を持ち込みたい

使い捨てのコンタクトレンズ(ワンデータイプ)以外のコンタクトレンズをお使いの場合には、
外した際に洗浄をしたり、ケースへ保管したり、
ということが必要になってきますよね。

スポンサードリンク

そして、その時に使用するのが「洗浄液」「保存液」で、
いわゆる『液体』です。

この『液体』に関しては、飛行機に持ち込む際注意が必要です。

国内線の場合
持ち込み制限はありません

・ただし、手荷物として持ち込む場合には、
持ち物検査のところでカバンから出すように指示される場合があります。
この場合は、液体が問題ないかどうか、簡易的な機械にかけてチェックが行われます。

・このチェックは、ペットボトルのお茶などにされる検査で、時間的には一瞬で終わります。

・面倒なこともありませんので、気にせず持ち込んでOKです。

 

飛行機の国際線へコンタクトを持ち込む場合

国内線とは異なる、
国際線への液体の持ち込みのルールを説明します。

国際線の場合

・液体の持ち込みに関して制限があります

・手荷物として持ち込む場合は「100ml以内」となるよう容器に入れ、ジップロックなど密封できる袋に入れて持ち込むことになります。
 このルールが守れない場合、その場で没収されることもあります。

・キャリーバッグなどで預ける場合には、基本的に問題ありません。
 ただし、検査官の目に止まった場合には、スーツケースを開けられ目視の確認をされる場合があります。
 問題になるわけではありませんが、スムーズにチェックしてもらえるよう取り出しやすい場所にしまっておくのがよいでしょう。

国際線に関しても、コンタクトレンズは特に問題になるモノではありませんので、液体のルールを守って持ち込みましょう。

 

まとめ

飛行機に乗るのに、
コンタクトレンズは持ち込めることが分かっていただけたでしょうか。

医療品だからといって、
コンタクトレンズが問題になるというよりは、
付随する液体のほうがチェックが厳しいんですよね。

特に海外に行かれる場合には、
ルールを守って正しく持ち込みましょう。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑