敬老の日のプレゼントで入院中の祖母へのおすすめは?

公開日:   更新日:2017/09/21

敬老の日 入院中
敬老の日には、健康や長寿を願うとともに日頃の感謝を伝えるためにプレゼントを贈りましょう♪しかし、祖父・祖母が80歳や90歳など高齢の場合には、入院中であることも珍しくありません。

そこで、記事では入院中の祖父・祖母に喜ばれる敬老の日のプレゼントアイディアをお伝えします。

ぜひ参考にして、喜んでもらえるような敬老の日にしてください。

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼント 入院中は何が喜ばれる?

敬老の日の贈り物として定番なのが”花”や”お菓子”。
でも、せっかくなら何かモノをプレゼントして喜んでもらいたいですよね?

入院中ならではの喜んでもらえるグッズや実用的なアイテムをご紹介します。

 

敬老の日プレゼント『ひざ掛け・ストール』

入院中は、寝たきりになることが多いため、普段はお布団をかぶっています。しかし、トイレなどのちょっとの移動や車椅子の場合、簡単に羽織れるストールがあると大変重宝します。病院内は空調管理が行き届いていますが、入院中はほとんど運動しないため、体を冷やしてしまうご年配の方が多いんです。

ストールというと女性のイメージが強いかもしれませんが、入院中は男性も体の冷え予防にあると便利です。ひざ掛けにもなる大きいサイズのものがおすすめです。
>>【ストール】グラデーションが美しいあったかストール!厚さも十分!

 

敬老の日プレゼント『パジャマ』

入院中に必要なもののひとつが『パジャマ』です。普段家で使っているパジャマ(というより寝巻き)は不格好だからと、入院を機に新調するご年配の方が多いようです。すでに入院しているのなら、いくつかお持ちだとは思いますが、入院中にもできる数少ないおしゃれですのでプレゼントとしておすすめです。

私のおすすめは、生地の肌触りがよく、着心地がよいもの。かつ、デザイン性があり、前開きで看護婦さんも簡単に脱がせられるものです。
>>【天使のパジャマシリーズ】最高級のオーガニックコットンを天然染料の洛陽染めで仕上げた優しい肌ざわり

 

敬老の日プレゼント『病院用の靴』

病院内の移動では、簡単に履いたり脱いだりできる”ツッカケ・スリッパ”のような靴を履くことになります。わざわざ入院用に靴を買うのはもったいないので、プレゼントしてもらえると喜んでもらえるはず。

 

敬老の日プレゼント『靴下』

実用的なものをお考えなら『靴下』もプレゼントとして人気です。寝たきりの入院中であっても、体の冷え防止のために靴下を履くなど必需品です。高齢の方向けには、あまりゴムの締め付けが強くないものを選ぶようにしてください。

 

敬老の日プレゼント『写真立て』

入院生活は、1日をとてーも長く感じて退屈です。また、治療中は薬の副作用で辛い思いをしたり、心細さを感じます。そんな中、少しでも癒やしを感じてもらえるように、孫の写真を入れた写真立てをプレゼントして、早く元気になってもらいましょう!『写真立て』は、敬老の日の王道プレゼントでもあります。

 

敬老の日プレゼント『お菓子』

食べるものに制限がないようであれば、お菓子はいかがでしょうか?
入院中は、病院食か、近くの売店のものを買って食べるくらいしか選択肢がありません。ちょっと味の濃いものや、甘いものが食べたくなるものです。
1日寝たきりのことを考えて、あまりカロリーが高くなく、ちょっとずつつまめる小分けのお菓子がおすすめです。

スポンサードリンク

 

敬老の日のプレゼントにおすすめ!入院中でもOK

「入院中のお見舞いにお花を贈る場合は、香りの強いユリなどは避ける」と一般的にいいますよね。

しかし最近は、お見舞いの贈り物として、ブリザードフラワーに香りをつけたものやアロマが注目されているんです。

敬老の日プレゼント『アロマ』

精神的に不安定な患者へのリラックス効果を期待したり、意識低下の患者が香りで覚醒することもあるようなんです。もちろん、強い香りは周りの患者さんに迷惑になりますので、枕元に置いた時に、ふんわり香るくらいのものがいいでしょう。

枕元にも置ける香りのグッズが、最近では豊富に出回っています。アロマ効果のある小さなぬいぐるみはプレゼントとしても人気があります。
KUSU HANDMADEくすのきアロマベア カンフル&ラベンダーの香り

 

入院中の祖母 敬老の日に長寿を願おう

そもそも敬老の日というのは、長い間社会のために尽くしてきた高齢者を敬い、長寿を祝う日です。感謝の気持ちを伝えるとともに「長生きしてね」という気持ちが伝わるといいですよね。

そこで、オススメしたいのが『お守り』です。

敬老の日プレゼント『長寿のお守り』

おじいちゃん・おばあちゃん世代になると、ちょっとの病気で「もう長くは生きられないかもしれない」とネガティブになりがちです。特に、一人で過ごす時間の多い入院生活では、心細い気持ちになっています。
そこで、「早く元気になって、長生きしてね」というメッセージを込めて『長寿のお守り』をプレゼントしてはいかがでしょうか?『健康のお守り』でもいいですね。

”入院中、どこに行くにも肌身離さず持っていく”
”治らないんじゃないか、という不安な気持ちでいたのが、心の支えになったようだ”

と、想像以上に喜ばれるケースが多いので、おすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

他にも、忙しくて会いにいけない遠方のおばあちゃん・おじいちゃんには、メッセージ付きでブリザードフラワーが届く電報サービスも人気です♪

おじいちゃん・おばあちゃんには、いつまでも元気でいてほしいですね。
せっかくの敬老の日ですから、貴方の思いを伝えて、ぜひ喜んでもらいましょう。

もちろん、贈り物も素敵ですが、直接顔を見せるのが一番うれしいものです。
最近お見舞いに行ってないな…という人は、ぜひこの機会に会いに行ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑