くせ毛でもショートにカットしたい!美容師次第?縮毛矯正は?

44
くせ毛って本当に悩みのタネですよね。
はねるし、うねるし、ふくらむし・・・

特に雨の日なんかは、爆発状態・・・なんて人もいませんか?
梅雨の日なんか最悪です。

そういうクセが目立たないように、髪を伸ばしている方も多いですが、
ボブなどのショートカットにチャレンジしたい!と思う人もいるはずです。

実際に美容師をやっている方の意見も参考に、
ショートカットにするときのポイント縮毛矯正についてまとめていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

くせ毛でショートにカットしても大丈夫?

くせ毛の悩みといえば、ハネ・うねり・ふくみ・パサつきなどかなぁと思います。

こういう悩みがあると、なかなか希望の髪型にするのが難しいですが、
くせ毛とショートカットの相性はどうなんでしょうか?

くせ毛には大きく分けて2つのタイプがあります。

(1)髪が伸びてくるとハネたりうねったりするタイプ

(2)根元がふくらみやすいタイプ

(1)の方は、
髪の長さは短いほうがクセが出にくく扱いやすい場合が多いです。
このタイプの方は、ショートカットはむしろおすすめです。

一方、(2)の方は、髪を長くしたほうが髪の重さで根元のボリュームを抑えられるので、
短くすると髪が広がってまとまりがなくなる可能性が大きいです。
こちらの方がショートカットにするには、少し検討する必要があります。

自分はどちらのタイプなのかよく分からない人は、
美容師さんに聞くといいですよ。

ちゃんとした美容師さんであれば、
髪質でロングとショート、どちらのほうが合うタイプか教えてくれます。

くせ毛がショートにするには美容師さん次第?

(2)のタイプであったとしても、
人によってクセの特徴は違うので、
ショートカットにすることは可能です。

ここで一番重要なのは
美容師さんのカット技術です。

スポンサードリンク

クセ毛が抑えられる切り方もありますし、
クセが目立たない長さなどもあります。

くせ毛の人が、ショートカットにチャレンジするときは、
信頼できる美容師さんの元でやりましょう。

また、くせ毛の人の中には「毛量が多いこと」も悩んでいる人がいます。

これも、美容師さんに言ってカットで髪の量を減らしてもらいましょう。
これだけでも、ずいぶん違ってくるものです。

くせ毛のショートには縮毛矯正がおすすめ!

どうしてもくせ毛を気にしない髪型にしたい!

もしあなたが、お金に余裕があるようなら、
『縮毛矯正』をおすすめします。

ただ、ちょっと高いので、予算に合う美容院を探してみてください。

料金的に「まずはストレートパーマにしようかな・・・」
と言う人もいるんですが、

くせが強い人にはストレートパーマがかからなかったり
すぐにとれてしまったり

という話をよく聞くので、
せっかくお金をかけてやるなら、縮毛矯正がいいです。

縮毛矯正をすると「不自然なまっすぐになるから嫌だ」という人もいます。

確かに、昔の縮毛矯正は、
薬剤を付けて「平コテ」で伸ばすだけの技術でした。

この平コテだと、まっすぐのストレートになってしまうんですよね。

しかし、最近の縮毛矯正では、
平コテだけでなく「丸コテ」で内巻きや巻き髪にしながら、
髪の癖を伸ばす技術があります。

ですから、丸い形のボブや、
裾の髪だけを巻き髪でトップと前髪は平コテでまっすぐ、
といった髪型も自由にできるようになっているんです。

こういった施術ができるかどうかは、
美容院によってきます。

ショートでもボブっぽい感じを目指している方は、
美容院に丸コテ巻きの縮毛矯正ができるかどうか確認してみましょう。

まとめ

くせ毛は、体質のようなものですから、
うまく付き合っていくのが一番大切だと思います。

ただ、最近は技術が発展してますので、
けっこう好みの髪型にできるケースも多いみたいです。

クセを生かしたアレンジなども、ぜひ美容師さんに教わってくださいね♪

ちなみに、毛根のゆがみがある方は、
頭皮に良い「くせ毛専用シャンプー」があります。

はね毛がなじむようになり、梅雨の時などは特に扱いやすくなるそうなので、
気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑