鎌倉のあじさい寺の見頃は?混雑状況や開花情報もご紹介

03173
『あじさい寺』って聞いたことありますか?

鎌倉の有名なお寺なんですが、
毎年6月になると、とてつもない量の紫陽花が咲き乱れることで有名です。

その『あじさい寺』って一体どこのことなんでしょうか?
見頃の時期はいつ?
実際に行くならいつがおすすめ?混雑状況は?
開花情報はどこでチェックすればいいの?

あじさい寺へ行ったことのある方の口コミを元に記事を作成しています!
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

鎌倉のあじさい寺の見頃はいつ?

まず、あじさい寺の正体ですが、
明月院(めいげついん)という北鎌倉のお寺です。

◆明月院(めいげついん)

【住所】鎌倉市山ノ内189
【時間】8:00~17:00(6月のみ、通常9:00~16:00)
【アクセス】JR北鎌倉駅より徒歩10分、駅からバス有
【拝観料】300円

鎌倉のあじさいと言ったらココ!というくらい
有名なお寺です。

明月院に咲くあじさいはヒメアジサイという品種で、
”明月院ブルー”と呼ばれる円熟な青色をしています。

 

あじさいのシーズンは
6月初旬~7月中旬と言われています。

あじさいの見頃を狙って明月院へ行くなら、
6月19日頃~6月末までの期間がベストです!

この時期になると、満開のあじさいで明月院は埋め尽くされます。

もちろん、その年の気候などにより、
開花状況は変動します。

これに関しては、
第3章に開花情報が確認できるサイトをご紹介しますので、
ぜひチェックしてみてください。

 

鎌倉のあじさい寺の混雑状況は?

鎌倉のあじさいは、今や有名な観光スポットになってしまいました。
そのため、ピーク時には人がごった返すほどの大混雑・・・

せっかくキレイな紫陽花を撮影しようと思っても、
人ばかりで写真が撮れなかった、
迷惑がられた、なんてこともあるほどの混み具合です。

スポンサードリンク

あじさい寺こと明月院は、
ピーク時の土日は入るまで2時間並ぶこともあり
混雑時は入場制限がしかれることもあります。

日曜日に明月院に行った時は、
開門前なのに、すでに100名を超える人が並んでいて驚きました

 

あじさいをゆっくり落ち着いてみたい方は、
平日の朝8時~10時頃に行くことをおすすめします。

開門と合わせて入場することになるので早起きが必要ですが、
早朝のあじさいには、それだけの価値がありますよ。

 

また、平日であっても、
ピーク時は10時頃から多くの人が押し寄せます。

人が順番に流れていくので、
境内での立ち止まっての写真撮影が迷惑になるような状態です。

せっかく清楚に咲くあじさいを見に行くのですから、
出来る限り土日を避けるのが懸命でしょう。

 

交通手段ですが、車で行くのもオススメしません

この時期、鎌倉の大通りは常に渋滞しています。
明月院には駐車場がありませんし、
周辺の駐車場も少ないです。

明月院通りは土日に車は通行止めで通ることさえできません。

JRで北鎌倉駅まで言って、
歩いて向かうのがオススメです。

 

あじさい寺の開花情報をチェックするには?

とはいえ、せっかく鎌倉まで行くなら満開のあじさいを見たい!
という方に、あじさいの開花情報が掲載されるサイトをご紹介します。

観光協会のホームぺージでは、
例年ブログ形式で開花状況を伝えてくれます♪

鎌倉市観光協会ホームページ【公式】
http://www.kamakura-info.jp/

鎌倉情報館(Facebookページ)
http://goo.gl/YMP5gt

 

まとめ

あじさい寺は明月院のこと♪
とても有名なお寺なので、できれば混雑を避けて、
ゆっくりあじさいを観光したいですね。

子連れの方や、車椅子の方などは、
他の観光客のいない開門時間に行くほうがいいかもしれません。
とにかく、ピーク時はすごい人ですから・・・

それでも一度は見る価値あり!の鎌倉のあじさい。
ぜひ楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑