盛岡さんさ踊りの日程は?時間は?場所取りは必要?屋台は出てる?

0508sansa
岩手県で開催される「盛岡さんさ踊り」。

まだまだ歴史の浅いお祭りですが、
来場者数は約135万人と大規模なイベントです。

東北六魂祭の1つとしても数えられ、
テレビで取り上げられるなど近年人気が出ています!

そんな「さんさ踊り」を見に行きたい!という人に、
記事では、さんさ踊りの日程や開始時間、
場所取りが必要かどうか、などの混雑状況や
おすすめの観覧場所をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

盛岡さんさ踊りの日程は?時間はいつ行く?

盛岡さんさ踊りは、

毎年8月1日~4日までの4日間開催されます。

盛岡市全体が舞台となり、
「さんさ踊り」と呼ばれる様々な伝統的な踊りと、
沢山の太鼓・笛の音で会場は盛り上がります。

 

◆いつ見に行くのがオススメ?

どの日程に行っても、大変盛り上がっているので楽しめます。

個人的な感想としては、
初日の賑わいは一際です。
待ちに待ったさんさ踊り!と、踊り子さんたちも気合が入っています。

また、8月4日の最終日は太鼓大パレードが行われます。

「和太鼓同時演奏」で世界記録を奪還した(2014年)『世界一の太鼓大パレード』で、
この日のパレードは、各団体のほとんどの太鼓奏者が一斉に参加します。
中央通りに約1万個の太鼓が打ち鳴らされる様子は見応えがあります!!

また、2015年は、
土曜日~火曜日の開催日程となりました。

週末は少し混雑を感じるので、
少しでもゆっくり楽しみたいなら平日に見に行くのがおすすめです。

 

◆パレードは何時から?

盛岡市中央通りを何百人もの人が踊り歩くパレードは、
さんさ踊りの一番の見所です!

パレードは、
午後6時(18時)にスタートします。

盛岡市役所前がスタート地点で、
合図の花火が数発鳴ります。

 

さんさ踊りの場所取りは必要?どこで見るのがオススメ?

東京都内やねぷた祭りと違い、
ぎゅうぎゅうした混雑は感じません。

場所取りをせずとも、普通に見れますのでご安心ください。
ただし、立ち見になってしまうかと思います。

もしも、歩道に腰掛けて、
座って観賞したい場合には、場所取りをしたほうがいいでしょう。

 

スポンサードリンク

◆場所取りは何時くらいにいけばいい?

大体、パレード開始の2時間前くらいから、
席を確保する人が大勢訪れます。

午後3時以前から楽しみに待っている強者も。

パレード開始の2時間前の16時くらいには会場へ到着しましょう。

なお、人が増えてくると、
通りに近い前の方は、パレードが終わるまで動けなくなる可能性が高いです。
トイレなどは先に済ましておきましょう。

 

◆どこで見るのがおすすめ?

おすすめしたい場所は「スタート地点」です。

団体紹介のアナウンスもあり、
人が多く集まる人気スポットになっています。

余裕を持って行かれる方は、ぜひスタート地点の盛岡市役所周辺で場所取りをしてみてください。

混雑を避けたいなら「県庁前付近」もパレードがよく見えます。
屋台もたくさん出ていて、パレードを待つ時間も楽しめます。

他にも、盛岡駅前の「滝の広場」もおすすめです。
さんさ踊りのイベントが行われるため、こちらも大変賑わっています。

個人的には、
パレードのゴール直前周辺で見るのが好きです。
若い人たちが汗いっぱいの笑顔で踊る姿は、こちらも元気をもらえますよ♪

 

◆屋台が集まっているのは?

おそらく、岩手県庁周辺が、一番屋台が集まっていると思います。

ただ、駅からパレード会場に行くまでにも、
生ビールや焼き鳥などの臨時屋台がたくさんありますので、
心配ないと思います。

 

さんさ踊りとは?

さんさ踊りの起源は、三ツ石伝説に由来しています。

悪さをしていた鬼を退治し、三ツ石に封印をしたという伝説で、
その3つの石のまわりを人々が喜んで「さんさ さんさ」と踊ったのが、
さんさ踊りの始まりとされています。

 

◆見所は?

伝統さんさ踊りは各地区によって
振り付けや衣装が異なります。

少しずつ違った踊りは、
見ている人を飽きさせることなく楽しませてくれます。

約3万5000人が参加するパレードは圧巻です!

また、さんさ踊りに欠かせない太鼓演奏。

和太鼓同時演奏のギネス記録を持っており、
世界一の太鼓祭りとして注目されています。

 

◆飛び入り参加ができる「輪踊り」

8月1日~4日のパレード終了後、
会場内の各箇所において「輪踊り」というものが開催されます。

「輪踊り」は、パレード参加者だけでなく、
一般の観覧者も自由に参加できるイベントです!

浴衣を着ていなくても、私服でもOKです。

踊り方が分からなくても、
その場で簡単なレクチャーとともに踊るので、
誰でも簡単に参加することができますよ♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

東北で人気を集めるさんさ踊り!
子供連れでも楽しみやすいお祭りですので、
ぜひ家族連れやご夫婦で行ってみてください!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑