結婚式の日取りは先負じゃダメ?大安と比べると?親を納得させるには?

先負 結婚式

結婚式の最初の準備は日取りを決めることです。よい日にちがあっても、結婚式は大安!とよく聞きますが先負ではダメなのでしょうか?

いえいえ、時間によっては先負でも縁起が良いとされているって知っていますか?そもそも、なぜ大安がいいと言われるのでしょうか?

記事では、六輝・六曜の大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅から先負を中心にご紹介します。結婚式の日程について、ご両親への伝え方もアドバイスします♪

スポンサーリンク

結婚式の日取りは先負じゃダメ?

結婚式の日取りでは、昔から六輝・六曜が重視されており、中でも大安や友引が縁起が良いとされています。しかし、大安・友引は人気が高く、式場費用が割高な式場も少なくありません。

多額の費用がかかる結婚式ですから先負でもいいんじゃないの?と思う人も多いでしょう。

また、大安や友引の日取りは結婚式を挙げるカップルも多く、式場が混雑します。他の日であれば結婚式場全体がゆったりとして、落ち着いた進行が期待できるのも魅力の1つです。

 

では、実際「先負(せんぶ・さきまけ)」での結婚式は良くないのでしょうか?

先負は「先んずれば即ち負ける」の意味があります。様々なことにおいて、平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けましょう、という日取りです。そのため、午前中は「凶」、午後が「吉」とされます。

六曜にのっとるならば、先負は12時以降開始の式であれば縁起が良いとされ、午前中の時間は縁起が良くありません。

ただ、縁起の良い悪いを表すと言われる六曜ですが、現代ではあまり気にする人はいません。最近では、割引サービスや特典がつくからと、あえて大安以外の日程で挙式をするカップルも多くなってきました。大切なのはご本人のお気持ちです。当事者(気にする人)たちの気持ちに勝るものはないと思います。

 

結婚式を大安でやると先負よりいいの?

大安(たいあん)は「大いに安し」の意味で、六曜の中で最も良い日とされています。時間にかかわらず、一日中が「吉」とされていて、結婚式や結納が行われることが多いです。

そもそも六輝・六曜とは、江戸時代前に中国から伝わったもので、現代で言う曜日のようなものでした。江戸時代の終わり頃から、今のように吉凶(縁起の良し悪し)を表すものとなり、結婚式に大安吉日が喜ばれるようになったのですが、その根拠は明確ではありません。

つまり、信ぴょう性のない風習が、今も残っているようなものなんです。六曜は科学的には何も根拠がありません。残念ながら、大安に結婚して、離婚するカップルも大勢います。

結婚式はお祝いごとなので、六輝・六曜にこだわりたいという人もいるでしょうし、自分たちが決めた日取りがたまたま先負だけれど気にしないという人もいます。お二人と両家両親が納得のいく日取りをしっかりと選びましょう。

 

結婚式の日取りを親に納得させるには?

ほんの数十年前の結婚式は、今よりも厳格なものでした。

しっかりと結納を行い、媒酌人・仲人を立て、挙式は大安か友引の午前中に行うのが「当たり前」だったんです。

そのため、ご年配の方の多くは『大安に結婚式をするのは当たり前』『仏滅は縁起が悪い』。そういった固定観念が根強く残ってしまっています。そのため、日取りだけは両親の意見を聞いておくべきです。

日付にこだわりをもってらっしゃるなら、訳を話して説得をしてから会場を予約しましょう。もし今後、縁起でもないですが離婚した場合「日が悪かったからだ」と言われかねません。

そこで、どんな風に両親を説得すればいいのか?伝え方のアイディアをご紹介します。

(1)式場が取れなかった

どうしても挙式は土日祝に挙げざるをえませんから、大安や友引では日取りが限られてしまいます。

そこを逆手に取って、「人気の式場だから大安は1年先までいっぱいだった」と、式場のせいにしてしまいましょう!式場へのこだわりが強ければ、両親も分かってくれるはずです。

(2)遠方からの出席者に配慮

遠方からの出席者は、当日来るのか、宿泊していくのか、その日中に帰るのか、など日取り・時間を配慮する必要があります。せっかくの結婚式ですから、無理せず出席してもらいたいものです。

そのような方たちに配慮したから、この日程・この時間にしたんだよ、と伝えれば、ご両親も分かってくれるはず。

(3)費用面の魅力を伝える

大安は割高になる式場の場合。式場に、大安の場合と先負の場合の費用見積もりをそれぞれ作成してもらいましょう。

実際に、費用がいくら変わるのか?が分かると、ご両親も納得しやすいはずです。

スポンサーリンク

(4)入籍日を大安にする

結婚式と入籍日が別日という方も最近は増えましたよね。結婚式は、土日祝にしかできなくても、入籍は書類を提出するだけなので、比較的自由がききます。

結婚式はどうしても先負になってしまうけど、大安に入籍をするので許して欲しい、と説得してみてはどうでしょうか。

(5)仏滅よりはいいから!と開き直る

先負は「負ける」という文字が入っていることから、あまり縁起の良いイメージはありません。しかし、ダントツで縁起が悪いのは仏滅です。そこで、仏滅以外は大安も先負もそんなに変わらないよ!と押し切ってみてはどうでしょうか?

最初のうちは「大安にしなさい」と言う両親は多いと思います。しかし、終えてしまえば「良いお式だったねぇ~」と皆さん口を揃えて言ってくれます。終わってしまえば何てことない問題です。

色々言ってくるのは、その時だけです。ご両親も、縁起の良い悪いというイメージしかないので、無事に終わってしまえば気にならなくなります。

 

日取り選び以外で結婚式費用を安くする方法

大安以外の日に結婚式を挙げたいと考えている方は次のどちらかではないでしょうか?
①記念日など特定の日に結婚式を挙げたい
②大安以外の日取りで結婚式費用を安くしたい

②についてはそのとおりで、ほとんどの結婚式場で費用が安くなるはずです。それだけ大安にこだわる人(特に両親)がまだまだ多いということです。しかし、日取りを大安以外にする他にも、結婚式費用を安くする方法があるのをご存知でしょうか。値段交渉をする?なるべく手作りする?いえいえ違います。

その方法は、「Hanayume(ハナユメ)」というサイトから結婚式場の予約をするだけです。

え~そんなサイトがあったの~!と、私自身ショックでした。ハナユメのことを知ったのは、自分の結婚式が終わってしばらくしてから…。知っていたら絶対利用したのに!と思いました。だって、ハナユメ経由で式場予約をするだけでいいんですよ?

「ハナユメ割」というサービスで、各式場ごとに割引率は違います。最大100万円以上の割引もかなりある。
結婚式 費用 安くする方法

例えば、人気結婚式場の「アニヴェルセル東京ベイ」の【ハナユメ割】というページを見てみると、最大100万円割引されるとのこと。もちろん、最初は式場見学やブライダルフェアの参加でOK。

割引された金額で披露宴の料理をグレードアップしたり、やりたかった演出を追加してみたり、得した金額をそのまま新婚旅行費用にあてたりと、安いに越したことはないですよね♪もし気になる方は、ブライダルフェアの予約だけでもHanayume(ハナユメ)を利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

先負と結婚式の関係まとめ

いかがだったでしょうか?ちなみに、六曜を簡単にまとめるとこんな感じです。


大安(何をやるにも吉)
友引(友を引くの意味がある。昼は凶で午前と夕方から夜が吉)
先勝(先ずれば勝つ。午前中が吉)
先負(先ずれば負け。午後からが吉)
赤口(11時~1時のお昼なら吉。あとは凶)
仏滅(仏も滅する大凶日)

縁起が良いイメージの友引でさえ「凶」とされる時間帯があったりするんです。今まで滅多に気にしたことがなかった大安・仏滅云々より、ゲストが集まりやすい日程、時間、ロケーション(遠方の人もいるので駅から近いか、とか)の方が大事です。両親としっかり話し合って、総合的に良い日程を決めてみてくださいね。

【参考記事】ブライダルエステって本当に必要?やるべき理由とかかる費用
【参考記事】気になるブライダルエステの平均利用率と平均回数

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑