結婚式でほくろを隠す方法3選!メイクで隠せる?おすすめは?

公開日: 

結婚式 ほくろ 隠す
私のほくろ、結婚式までにどうにかならないかな?って悩んでいませんか?

両親や彼は、”そんなに気にならない”って言ってくれるけど・・ゲストの視線やビデオや写真撮影もあるから、できればほくろを隠したい私。モヤモヤした気持ちのまま結婚式の準備をしていても不安ですよね?

そこで今回は、本当にほくろはメイクで隠れるんだろうかと心配な方、ほくろを隠す方法3選を紹介します。自分にあったスタイルを見つけて、素敵な花嫁姿で当日を迎えましょう。

スポンサードリンク

結婚式のヘアメイクでほくろは隠せる?

まずはプランナーさんやメイクさんに悩みを打ち明けましょう。数々の花嫁、結婚式をプロデュースしてきた人達ですから、あなたにあったアドバイスをしてくれるでしょう。

もちろん、メイクリハーサルのときに、当日同様のメイクで確認できるようにお願いしてみましょう。どこまでほくろが隠れるのか事前に確認できて安心です。

しかし、美粧メイクの範囲で隠せるほくろは、小さく、色の薄いほくろと思っていたほうがよいでしょう。色の濃く大きなほくろや、盛り上がっているほくろの場合は、メイクだけではなかなかキレイに隠すことができません。

 

結婚式でほくろを隠す方法

メイクだけでは隠し切れないほくろにも対応した、結婚式でほくろを隠す方法を3つ厳選してご紹介します。

ほくろを隠す【シール・テープ】

1つ目は、あざや手術跡を隠すために開発された傷用シールもしくはファンデーションテープで隠す方法です。テープをほくろに合わせてカットし張りつけます。

このタイプは、水や汗にも強くはがれにくいため、結婚式などの長時間のイベントにも対応できます。

また、コンシーラーもしくはリキッドファンデーションを使い、肌となじませますので、目立たず自然な感じに仕上げることができます。数が多い場合や大きく目立つものだけでもこちらで対応するとメイクが簡単になりますね。

ほくろを隠す【フィルム】

2つ目は、フィルム状になっている絆創膏をつかう方法です。キズケア用フィルムともいわれるものです。

粘着力がファンデーションシールとくらべ弱いものが多いので注意が必要です。使い方はファンデーションテープと同じです。角を丸くすると、はがれにくくなりますので長持ちさせることができますよ。

ほくろを隠す【カバーメイク】

3つ目は、エアブラシを用いたカバーメイクで隠す方法です。その美しい仕上がりには定評があります。

エアブラシで集中的にファンデーションを吹き付けるため、凹凸のあるほくろがまるで除去したかのように美しく仕上がります。自分ではなかなかできませんので、専門店に依頼するとよいでしょう。

スポンサードリンク

ほくろ除去を結婚式までにやってみる

結婚式まで時間のある方なら、この機会にほくろの除去を検討してみてはいかがでしょうか?

ほくろの除去は、皮膚科や美容整形外科なので行うことができます。カウセリング(診察)当日すぐにほくろの除去が可能で、その後、数週間ほどテープを張ります。その間のメイクはOKです。

なお、肌の回復には数週間以上かかりますので、時間に余裕をもって計画をたてることになります。結婚式前には前撮りなどもありますので、このあたりは、カウンセリングのときに相談するようにしましょう。

また、ほくろ除去は専門的な施術になります。どれくらい目立たなくなるのか?痛みは?金額は?結婚式に間に合う?など悩みがでてくるもの。しっかりとカウセリングをして、迷いや不安をなくしていきましょう。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。結婚式は、一生に一度のイベントです。たくさんの記念写真を撮りますし、一生残っていくものです。顔のほくろに大きなコンプレックスを抱えているのなら、せめてその日だけでも薄くしたり、隠してしまいませんか?それだけで、あなた自身の気持ちが晴れるかもしれません。

実際に当日隠すかどうか迷っていても、まずは事前に試してみたりして、どんな感じになるのか見てみるのもいいと思います。ぜひ結婚式へは、万全の状態で臨んで、素敵な一日にしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑