親戚の子供へのクリスマスプレゼント!選び方や年齢別のポイント

親戚 子供 クリスマスプレゼント

今年は誰にどんなプレゼントを贈ろうかとワクワクする一方、成長とともにそのプレゼント選びのバリエーションに頭を悩ませてませんか?

そこで今回は、親戚の子供へのクリスマスプレゼントについて、選び方や年齢別のポイントを紹介します。子供たち、そしてご両親も喜ばれるクリスマスプレゼント選びの参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

親戚の子供へのクリスマスプレゼントの選び方

親戚の子供へのクリスマスプレゼントの選び方として、どの年齢にも共通することですが、子どもが喜び、そしてご両親が不快に思わないプレゼントがポイントです。

具体的には、
・成長に合ったもの
・場所をとらないもの
・実用的で長く愛用できるもの
が喜ばれますね。

洋服など喜ばれますが、子供の成長は早いため、プレゼントする際にはサイズや好みなどをしっかりとリサーチしましょう。

また、3歳以下の子どものプレゼントの場合は、誤飲の可能性も含め、安全面にも配慮したプレゼント選びが大切です。

年齢別 親戚の子供へのプレゼントアイディア

具体的な親戚の子供へのプレゼントアイディアを年齢別に紹介します。

1歳~2歳は、いろんなものに興味があり、特に見る・聞く・触れる感覚が発達する時期ですので、知育おもちゃ、音のなる絵本がおススメです。

3歳~6歳は、ごっご遊びを通していろんなことを学ぶ時期です。より夢中になれる「なりきりアイテム」や、既にもっているおもちゃにプラスする「追加アイテム」なら遊びの幅が広がるので喜ばれますね。また、男女差や好き嫌いがはっきりしてくる時期です。最近はまっていることや、今年のご家庭のクリスマスプレゼントの内容などリサーチするとよいでしょう。

スポンサードリンク

小学生1年生~2年生は、子どもっぽさを残しつつも、自分の持ち物に興味が出てきたり、新しいお友達との関係も少しずつ変化していきます。この時期には、デザイン性のよいリュックやバッグ、文房具などの実用的なアイテムや、家族やお友達と遊べるボードゲームもおススメです。

小学校3年生~6年生は、もうサンタさんの正体を知ってしまった子も多くいるでしょう。また、遊んでばっかりいないで勉強して欲しいなと考えるご両親も多くなる時期です。

勉強しながら休憩もできるだけでなく、試験勉強もできるアイテムとして、「漫画」が注目されています。歴史やことわざをはじめ、学習漫画というジャンルもあるほどその内容も充実しています。勉強関係のプレゼントなら、ご両親もニッコリですね。

中学生・高校生になると会う回数も随分と減っていきます。実用的な図書カードをはじめ、部活や習いごとに関するアイテムで応援してあげるのもいいですね。また、いくらでも食べられるこの時期には、クリスマスケーキやチキンなど食べ物のプレゼントも喜ばれます。

親戚の子供たちへのプレゼントはほどほどに…

子どもたちの成長と笑顔はうれしいものですが、毎年プレゼントをあげているとキリがありませんよね。もらう側のご両親も、毎年のこととなるとお返しが気になりますので、あまりお金をかけずにほどほどがよいでしょう。

それでもクリスマスに何か・・という場合は、お菓子の詰め合わせなどのプレゼントも子供たちは大喜びですよ。

また、クリスマスの後1週間もたてば、次は「お年玉」がまっていますから、お年玉にまとめてしまってもよいでしょう。お年玉も、年齢とともにその金額もあがっていきますので、こちらのお財布がピンチ!なんてことも。

毎年プレゼントを用意する場合でも、サンタさんの正体が分かるまで、小学生に上がるまで、などあらかじめ期限を決めておくといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑