インフルエンザの熱が一日で下がる場合と再び上がる場合

インフルエンザ 熱 一日で下がる
毎年冬になると流行するインフルエンザ。
予防接種をしても発症してしまうこともあり、子供を持つママの冬の心配事の一つですよね。
インフルエンザといえば高熱が続くイメージですが、中には熱がすぐに下がってしまうケースもあるようです。
この記事では、インフルエンザの熱の症状についてご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの熱が一日で下がることはあるの?

感染すると何日も高熱に苦しみ、身体の節々が痛くなる、といったイメージが強いインフルエンザですが、投薬のタイミング等によっては、熱が一日で下がってしまうことがあります。

ただ熱が下がったとはいえ、身体にはウイルスが残っているため、一定期間は登園・出社せずに自宅で安静にする必要があります。

子供の場合は、文部科学省の定める学校保健安全法により、発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼児の場合は三日)を経過するまでは、出席・登園を避けるように定められています。

一日で熱が下がったからと言って、何か違う病気?と心配することはないので安心してくださいね。

→インフルエンザの解熱後いつ出勤する?解熱の体温って何度のこと?

スポンサードリンク

インフルエンザの熱が再び上がることはある?

インフルエンザの発熱において、一度下がっても再び上がる、というような場合もあり、そのような症状を二峰性(にほうせい)発熱といいます。

二峰性発熱のはっきりした原因は分かっていませんが、インフルエンザ自体にそういう性質がある、また薬のおかげでいったん熱が下がったが、ウイルスがまた活性化して再び熱が上がる、などの要因が考えられるようです。

一度下がった熱がまた上がりだすと心配になってしまうかもしれませんが、熱の割に元気そうだったり、食欲があり水分も取れている場合は、自宅で様子を見ても大丈夫です。

明らかに具合が悪化しているような様子があれば、再度受診してみましょう。心配であれば小児科に電話して、アドバイスを貰うのもいいですよ。

インフルエンザの熱が上がったり下がったりする?

インフルエンザの症状は様々で、人によっては数日間熱が上がったり下がったりを繰り返すケースもあります。特に、小さな子供は免疫がまだしっかりしていないため、そのような傾向が強いようです。

熱が上がったり下がったりしても特別異常ということではないので、水分をしっかり取って安静に過ごすようにしましょう。

また、病気の時こそしっかり食べさせて栄養を摂らせなきゃ、と思うママも多いかもしれませんが、食欲のないときは子供が食べやすいアイスクリームやプリンなどを食事代わりにあげてもOK。食欲が戻ってきたら消化のいいものから食べさせてあげてくださいね。

さいごに

今回はインフルエンザの熱の症状についてご紹介しました。子供ももちろん心配ですが、家族がうつってしまうことも心配です。マスクに手洗い、うがいなど、しっかり予防をして乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑