スキーウェアのインナー何着る?子供は?子連れスキーへのアドバイス

スキーウェア インナー 何着る
ウインタースポーツの季節が到来。案外何を着たらいいのか分からないのが、インナーなんですよね。

そこで、ここではスキーを楽しむために押さえておきたいインナー選びのポイントをご紹介します。特に、体温調節が難しい子供のインナー選びは必見です。

スポンサーリンク

スキーウェアのインナー何着る?

寒いスキー場となると、どうしてもいつもより、多めに着こみたくなります。でも何枚も着ると動きにくいし、スキーを滑り始めて動き出すと汗をかきます。

そのため、スキーウェアの下は、汗を吸収してくれるアンダーウェア1枚とフリースやパーカーで十分です。

ただし、アンダーウェアには綿素材をセレクトするのはやめましょう。綿素材は、汗を吸収するだけで汗を蒸発してくれません。汗でぬれた下着が、逆に体を冷やしてしまいます。

スキーウェアのアンダーウェアとしては、汗を吸収して発散しやすい化繊系の素材のインナーがおすすめです。

もちろん、アウトドアブランドであれば、その点も考慮された高性能のインナーがたくさんあります。これから何度もスキーを予定されている方は、速乾性をもつ素材のインナーをセレクトしましょう。

もしかしたらスキーに行くのはこれっきりかも、という場合には、既にお持ちのヒートテックでもOKです。

ヒートテックは、動いた時の汗を吸収し、その熱を使って発熱する寒い時期の強い味方です。

スポンサーリンク

汗かきの方や、子供の場合、その温まった熱でさらに汗をかくので、ヒートテックを着た場合にはウェアの中は着込みすぎないように調整しましょう。

同じようにズボンの中も、動きやすいストレッチ性のあるタイツやジャージなどで十分です。

スキーウェアのインナー何着る?子供の場合は?

スキーウェアのインナーの基本は、子供も大人と同じように考えます。子供の場合は、アンダーウェアと、大人より薄目のフリースやトレーナーでOK。普段使いのものを天候に合わせてセレクトしましょう。

子供は汗をかきやすいため、滑り終わった後だけではなく、途中のお昼休憩でも着替えられるよう着替えを多めに準備しましょう。

薄手のタオルを背中に挟んでおけば、簡単に汗対策ができるので、荷物を増やさずにすみますよ。

子連れスキーであって良かったこんなもの

替えの下着はもちろんのこと、忘れてはならないのが、靴下の予備

スキーの際は、できれば厚みのある靴下を用意してあげると慣れないスキー靴の痛みを防止できます。靴下は汗や入り込んだ雪で思ったよりぬれますので、途中や滑走後もはきかえましょう。

また、ネックウォーマーもあると重宝します。リフトに乗っている間や、突然の吹雪のときにも、首元から耳まで覆えるので、首元もしっかり暖かくしてくれますよ。

あとは、必ずグローブの防水加工をチェック。場合によっては、防水スプレーが必要です。実はグローブは重要なアイテム。手先がひえると、かなりテンションがさがりってしまうんです。

さいごに

いかがでしたか?

寒かったら困るからと何枚も着せると、動きにくくけがのもと。また汗で体温調節がうまくできず、風邪をひくことになってしまいます。

寒くてもうスキーは嫌だとならないためにも、記事を参考に楽しいスキータイムをおすごしください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑