子供会で6年生を送る会をやろう!盛り上がる出し物やゲームは?

子供会 6年生を送る会
子供会最後のイベント「6年生を送る会」。送る会では、どんなことをやろうか?と頭を悩ませていませんか?

そこで、定番なのに子供の年齢を問わず楽しめる「6年生を送る会」のアイディアを紹介します。運営担当のママ必見です!

スポンサーリンク

子供会で6年生を送る会をやるなら

子供会のイベントは、時期やその内容がだいたい決まっていることが多いですよね。

「6年生を送る会」は、小学校で行われる6年生を送る会とも重なる時期。そのため、去年の「6年生を送る会」の内容とも、学校のお楽しみ会との内容とも違うとなると、アイデアが見つからない!と時間だけが過ぎるもどかしさ!

そこで、前半の催し物は、普段は間近で見る機会の少ない、子供の大好きなマジックショーや、バルーンショーなどをしてみませんか?

その中身も、バリエーションも豊富。定番かもしれませんが、目の前でみる迫力もあって間違いなしのステージです。

まずは、前半はこれで子供たちの心を引きつけましょう。

6年生を送る会で盛り上がるゲーム

次は、子供たちお楽しみのゲームタイム。ここでは、小学校1年生~6年生みんなができること・楽しめることがポイントです。

子供ウケがよく、参加人数や予算に合わせやすいおススメのゲームを4つ紹介します。

(1)ドキドキする箱の中身当てゲーム!

ワイワイしながら、みんなで楽しくできます。箱に手をいれる人だけでなく、見ているひとも楽しいゲームです。

スポンサーリンク

用意も片面みえる箱を段ボールを作れば、中に入れるものは家にあるものでOK。お金をかけずに、楽しめるドキドキゲームです。

(2)今年は何が当たる?!ビンゴ大会

ある程度人数が集まる場合には、絶対はずせないビンゴ。楽しみにしてくれる子供たちが多いです。

ビンゴカードは、受付時に渡しておき、ルーレットを回す人、景品をわたすひとに分けておくと大人数でもスムーズに進行できます。

参加人数が多ければ、男子・女子だけでなく、低学年・高学年用と景品を分けるだけでもいつもと違った印象です!

(3)用意するのはお題だけ!ジェスチャーゲーム

お題をあらかじめ用意しておくだけ。予算のかからないゲームですが、お題のセンスがひかります。

当日は、くじ箱からカードを引いてもらいましょう。ジャスチャーする人は、大人でも、子供でもどちらでもいいゲームです。

(4)体を使うゲームは、シンプルなルールが一番!

体を使ったゲームの場合、誰にでも分かって簡単なルールのものをチョイスします。定番の椅子取りゲームやフルーツバスケットも学年に関係なく全員で楽しめるゲームの1つです。

このほかにも、普段あまりやることはない、体を使ってフラフープを先頭から渡していく「プラフープ渡し」もおススメです。子供からもう一回やりたいコールがあるほどです。

フラフープは、学校にもある場合が多いので準備も簡単ですよ!

さいごに

いかがでしたか?「6年生を送る会」を盛り上げるためには、全員で楽しめるのがポイントです。今回ご紹介した内容を、時間や会場に合わせて組み合わせてみましょう。

ゲーム終了後は、手短に6年生からあいさつや贈る言葉、記念品などを渡すことで楽しい余韻を残せます。

定番のゲームでも、子供たちの笑顔をいっぱいにできます!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑