ココナッツミルクの大量消費は危険!摂取量目安と使い道

ココナッツミルク 大量消費
美容やダイエットだけでなく、免疫力や認知症予防にとさまざまな効果のあるココナッツミルク。とはいえ、日本の家庭料理では、なかなか使うことのない食材のため大量消費に困っていませんか?

実は、ココナッツミルクは一度に大量消費すると危険な食材です。そこで、ココナッツミルクの効果的な摂取量やおすすめメニューをはじめ、有効活用する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ココナッツミルクの大量消費は危険!?

ココナッツミルクの成分は、脂質と豊富なミネラル。カロリーは決して低くありませんが、ダイエットに効果があると注目されています。

その理由は、ココナッツミルクに含まれる脂質が特別だからです。実は、ココナッツミルクに含まれる脂質はエネルギーになりやすく、太りにくい脂質なのです。

さらに、体内にすでにある脂肪を燃やす効果や、アンチエイジングに美肌効果など女性にうれしい食品なんですよ。

このため、積極的に取り入れたくなりますが、一度にたくさんの量を食べると胃もたれ、食欲不振など体調変化が現れることがあり注意が必要です。

ココナッツミルクの適切な摂取量

美容や健康のためのココナッツミルクの適切な摂取量は、コップ1杯程度(150ml~200ml)です。

この範囲であれば、カロリーが過剰になることもなく、いろいろなココナッツミルクの効果を期待できます。

これまであまり食べたことがない人は、コップ1杯程度の、まずは少量からスタートしましょう。

胃もたれ、食欲不振をはじめ、かゆみ、しっしん、めまいやのどの痛みなどがないか、まずは体調の変化を観察しましょう。

スポンサーリンク

問題なければ、徐々にココナッツミルクの量を増やしていくのがおすすめです。

ココナツミルクの使い道

ココナッツミルクは、タイをはじめ東南アジアでは一般的で、メイン料理からデザートまで幅広い使い方ができる万能食材です。

一度に大量摂取するのは危険ですが、とはいえちょこちょこ飲むのも大変です。許容範囲内であれば、たっぷりのココナッツミルクを使えるメニューを作ってみましょう。ココナッツミルクを使った簡単なレシピ、使い方を紹介します。

まずは、超簡単なドリンク。ココナッツミルクと牛乳を1:1で混ぜ、お好みではちみつなどで甘さを加えます。牛乳の代わりにヨーグルトでもおいしいですよ。

次に、定番のグリーンカレー。グリーンカレーペーストが手に入れば、簡単に本格的な味の出来上がり。

この他にも、チキンや魚介とココナッツミルクの煮込みも、特別な調味料も必要なく相性抜群です。

さらに、タピオカミルクだけでなく、いつものデザートレシピも、生クリームや牛乳の代替品としてココナッツミルクを利用すれば、アレンジも簡単。

また、ココナッツミルクをスムージーに使って朝食メニューにすれば、ダイエット効果も期待できて一石二鳥です。

もっと大量に消費したいなら、市販のヨーグルトの素とココナッツミルクで作る「ココナッツヨーグルト」がおすすめです。

このほかにも、保湿効果のあるヘアパックをはじめ、乾燥対策の入浴剤(浴槽に100ccほど混ぜます)など美容アイテムとしても使うこともできますよ。

さいごに

いかがでしたか?美容と健康にいいココナッツミルクですが、はじめは体調と相談しながら、少しずつ取り入れてみましょう♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP ↑